Lenon


Lenonをフォローしよう!


「ねぇねぇ、僕にも見せてよ!」カメラマンが何を撮っているのか気になる15匹の野生動物たち


怖い距離感

野生の動物を写真に収めるためにファインダーを見つめるカメラマン。

そんなカメラマンに近づいてくる野生動物たち。

「どんな写真撮ってるの?」と言わんばかりに動物たちはカメラマンに興味津々です。

自分の写真写りが気になるのか、もしくはカメラという機械が気になっているのか。

人間のことも気になっているでしょう。

しかし人間に興味津々なのは、可愛らしい動物ばかりではありませんよ…

kamera1

着ぐるみでもCGでもありません。

本物のクマです。

カメラマンはニッコリしてますが、心なしか顔が引きつっていますね。

kamera2

鷲からのまさかの攻撃!

「さっさとどけ!ここはワシの縄張りじゃ!」

kamera3

「あら、そのカメラ素敵ね。遠くまでよく見えるじゃない」

まさかのリラックスモードで一緒にファインダーを覗く肉食獣まで…。

野生動物とカメラマンの、その他の写真は次のページをご覧ください。

1
2



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

シェルターで一緒に暮らしていたフェネックと黒猫→感動の再会を果たした時の笑顔が微笑ましい…!

世界中には犬と猫、虎とライオン、オオカミとキツネなど、 異なる動物どうしにもかかわらず仲良く暮らして …

「今日はシャンプーの日」ということで泥んこ遊びを許されたワンちゃん、笑顔で泥水にダ〜イブ!

ワンちゃんは本当に走るのが大好きな動物です。 しかしながら、普段は思いっきり走ることなんてできません …

パピーミルの悲惨な現状を社会に訴えるため1匹のチワワが自らの命を懸けて奔走した…!

パピーミルが今、社会問題になっていることをご存知でしょうか? 日本ではあまり聞かない問題かもしれませ …

少し驚かそう思っただけなのに…子犬にイタズラで軽く一鳴きしたらとんでもない事態に!

天気の良い日に公園に出かけると、小さな子供達が夢中で遊んでいるのを目にします。 とても可愛らしく、思 …

年老いていたことから里親と出会えなかった猫→保護施設に迎えられたことで幸せを手にする…!

フォレスト マサチューセッツ州のサドベリーにある動物保護施設。 そこには20歳になる老猫の「フォレス …

PREV : ATMからお金をおろそうとしただけだったのに…そこから出てきたものに思わず涙・・・
サンタさんが出会った少女は耳に障害があった→するとサンタさんはこんな風に会話した! : NEXT