Lenon


Lenonをフォローしよう!


最期の5ヶ月間で愛されることを知れた犬!必死な姿に生きることについて考えさせられる・・・


最近、動物虐待のニュースが絶えません。

なぜこんなひどいことができるのかと思うほど、残酷な仕打ちを犬や猫にしています。

虐待された犬や猫の目には生気がなく、常におびえています。

彼らは愛されることなく、単に人間のストレスのはけ口にされています。

今回ご紹介したいお話も、虐待を受けていた犬についてです。

11月の寒いニューヨークの街で皮膚が焼かれ、

骨と皮だけのやせ細った犬がシーツにくるまれた状態で発見されました。

この犬は「ルディ」と呼ばれるようになりました。

ルディの悲しいお話は、次のページで詳しくご紹介いたします。

rud1




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

子猫のお腹にある『スイッチ』が面白い!つい連打したくなる子猫のかわいい反応をご覧ください(笑)

子猫のお腹に、丸い何やら『スイッチ』のような模様がありました。 スイッチなんて、ぬいぐるみではあるま …

ガソリンスタンドで出会った1匹の迷い犬→首輪を見てみると実はすごい有名犬だったことが判明!

ひと昔前は、野良犬や捨て犬が町を徘徊している光景が当たり前でしたが、 最近ではめっきり見かけなくなり …

カメラマンはリス!?動物たちによるカメラを構えての撮影会の様子をご覧ください…!

今回ご紹介する写真の数々は、ロシアの写真家であるVadim Trunovさんが撮ったものです。 Va …

突如として何かを咥えながら野球場に乱入してきた犬!?実は大切な役割を担っていた…!

試合中の野球場に、突如として何かを咥えたワンちゃんが乱入!?実はこのワンちゃん、大切な役割を担っていたのです・・・

愛するペットとの「初めまして」と「さようなら」の日を写した15の写真が胸を打つ・・・

ペットとのお別れの日 時の流れは皆に平等にやってきます。 決して抗うことはできません。 出会いの後に …

PREV : 人間に助けられた子供のワラビーは野生に帰った後、自分の子供を恩人に紹介してくれました!
木と樹脂で作られた指輪の中に広がる小さな美しい世界に思わずうっとり・・・ : NEXT