Lenon


Lenonをフォローしよう!


保護施設に連れてこられたこの子猫は怒っている?その理由と1ヶ月後の姿は・・・


迷子になった子猫

アメリカのカルフォルニア州にあるサンノゼアニマルケアセンターに、

1匹の子猫が連れて来られたのは1ヶ月前のことでした。

迷い子になり彷徨っていた子猫を保護したのですが、なんとこの表情。

syaro1

子猫といったらつぶらな瞳であどけない表情が可愛いのですが、

この子猫はまるで怒ってるかのような表情です。

一体どうしたというのでしょうか?

ムッとした表情

保護された子猫はすぐに動物病院へと連れて行かれました。

そして、子猫がこのしかめっ面をしている理由が明らかになったのです。

獣医師のシャロンさんの診断によると子猫の体には多くのダニがいて、

そのダニが原因で皮膚炎を起こしていたのです。

痒みと痛みに堪えてのこの表情だったのです。

病院にいる間、子猫は動き回ることなくじっと痒みと痛みに耐えていました。

本当ならいろいろな事に興味を抱き、有り余る体力を発散させるために動き回る時期です。

しかし、この子猫にはそんな余裕はなかったのです。

syaron2

さぁ、子猫から苦痛を取り除くための治療が始まりました!

子猫に穏やかな表情が戻るのでしょうか!?

結末は次のページにてご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

蝶のほっこりするような事実!これはどんな本にも載っていないし学会でも発表されていないでしょう・・・

動物に人の心は通じるのでしょうか。 犬や猫は同じ哺乳類ですし、一番心が通じるように思われます。 だか …

ギネス記録を持つ猫が2匹もいる男性の家!猫の仰天な姿をご覧ください・・・

アメリカのミシガン州に動物愛護団体を運営しているウィル・パワーズさんは、 2匹の猫と一緒に暮らしてい …

殺処分される予定だった犬の第2の人生における使命は家族を失ったチンパンジーの心を支えること!

皆さんは犬は好きですか? 犬派や猫派など、皆さん様々な趣向を持っていると思いますが、筆者はどっちも好 …

安楽死を待つばかりだった病気に苦しむ犬が引き起こした奇跡に心震える・・・

重い病気に侵され、もはや安楽死を待つばかりだった犬!しかし、そんな残りわずかの命が奇跡を引き起こす…!心震える物語はこちら・・・

背伸びをしても外の景色を見ることができないと悟ったウサギの行動が可愛すぎる(笑)

ウサギが外の景色を見ようと一生懸命に背伸びしていますが、どうやら見ることができないと悟ったようです(笑)その後の行動が可愛すぎる!

PREV : 「こんな父親いなくたって…」父親が鳶職だという男子高校生が書いた作文に感動…!
愛犬の死を目の当たりにした6歳の少年が動物の命が人より短い理由を答えた→その回答に涙が止まらない…! : NEXT