Lenon


Lenonをフォローしよう!


信仰よりも溺れた犬の命を優先させ、感動を呼んだ男性の勇気ある行動とは?


日本人は、あまり宗教上のルールに縛られて生活する人は少ないと思います。

しかし海外では、宗教上食べてはいけないものがあったりお祈りの時間が決まっていたりと、

ルールに縛られて生活している人がいます。

宗教の信仰上、ターバンを外してはいけない男性が溺れた犬を助けるためにその決まりを破ったのです。

私たちにとっては「ターバンを外すことくらいで…」と思うかもしれませんが、

男性の信仰する宗教では外でターバンを外すことはご法度でした。

それでも彼は信仰より命を優先させたのです。

彼は一体どうやって溺れた犬を助けたのでしょうか?

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

猫のお父さんは馬!?種族を超えた親子の姿に心揺さぶられる・・・

母親を亡くしたライオンの赤ちゃんが猫に育てられたり、又猫の赤ちゃんがタヌキに育てられたり。 そんな様 …

ずっと一緒だった愛犬の死→犬小屋の中で見つかった紙キレに涙した飼い主は、同じ過ちを他の人が起こさないように行動を起こす…!

めぐみさんには、『ソラ』という嬉しい時も悲しい時も常にそばにいた愛犬がいました。 めぐみさんが地元か …

戻ることはない飼い主を待ち続けた犬が保護された後に公開された手紙に綴られた想いとは!?

凍えるような冬の日のことです。 アメリカはカリフォルニア州の砂漠に、首輪をしていない1匹の犬が佇んで …

最悪の事件、三毛別羆事件の熊より大きい体重400キロの熊が存在した!想像を絶する巨体に誰もが騒然・・・

1915年北海道の農村で起きたおぞましい「三毛別羆事件」をご存知でしょうか? 体重340キロ、体長2 …

行方不明になった後、疲れ果てた様子で帰ってきた愛犬の体についていた「謎のメモ」の内容とは?

行方不明になった後、疲れ果てた様子で帰ってきた犬の体についていた謎のメモ!一体どのような内容が綴られていたのでしょうか?

PREV : 「誰だ、こんな所にドラムセットを置いたのは!?」警察官が撤去すると思いきや、驚きの仕掛けが…!
東大の「レゴ部」、チーズハンバーグで肉汁まで再現してしまう神業を披露! : NEXT