Lenon


Lenonをフォローしよう!


未熟児で衰弱していた子猫を保護!その後、その子猫の母猫がやってきて・・・


未熟児で産まれてしまったり、障害があって自力で生きることが難しい時、

動物界では見捨てられることがほとんどです。

それは親も自分が生きることで必死だからということもあるし、

動物のリーダーは強いものでなければならないのは理性のない世界で生きるには当たり前、

というルールだからでもあります。

pina

この手のひらに収まってしまう程小さな子猫は、母猫に見捨てられてしまったのでした。

子猫が置き去りにされた場所は、母猫は住み慣れたところ…。

住み慣れた場所を離れてまで置き去りにした理由があったのです。

この子猫の運命は、次のページでお確かめください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. チー太郎 より:

    私が世話をしていた犬は生まれた直後に母犬に踏まれたらしく、3日意識をうしなっていたそうです。獣医さんに診てもらったのですが、手当の方法がないとのことでそのまま連れて帰ったそうです。ところが蘇生して母犬のおっぱいを飲もうとしても兄弟が3匹いるので飲ませてもらえません。飼い主さんが哺乳させて、遅れて成長しましたが、発育が遅れていて小さいので貰い手がありませんでした。そして我が家に飼ってくれないかと相談があり、これも縁かと引き受けました。今年亡くなり悲しいけれど、楽しい思い出を私たちに残してくれました。

  関連記事

シベリアの道路脇に忠犬ハチ公!氷点下の中で飼い主を待ち続ける1匹の犬の運命は…?

寒いロシアの北側に位置するシベリア地方。 冬の気温はとても低く、早いところでは8月下旬に雪が降ります …

道を歩いていたら穴にハマっている猫に遭遇!救助しようとしたが実はその猫・・・

ある晴れた日に道を歩いていると、道路の側溝にできた穴にキジトラの猫さんがハマっていました。 何とも厳 …

寂しそうにしていた友達とその友達を鳴き声だけで元気付けていた犬が初めて直接会った結果・・・

アウディとメッシー オラニットさんの家で飼われている犬は、ラブラドールのメッシーといいます。 そんな …

サメの体に刺さった大きな針をダイバーが抜くと、サメが予想外の行動をとった!

サメの体に大きな針が刺さっているのを発見したダイバー!その針を抜いてあげた時、サメが予想だにしない行動をとった・・・

14匹の犬は体も心もボロボロで絶望しか漂っていなかった→そんな彼らが人間に尻尾を振ってくれるようになるまで…!

民家に14匹の犬 アメリカはテキサス州のエーブル・スプリングスでドックファイティング用の犬たちが隠れ …

PREV : 犬捨て公園という名の地獄!劣悪な公園で生きる犬たちを保護し続ける女性が涙で訴える・・・
飼い主と犬が保護施設で奇跡的に再会!しかし、犬はただ残酷な現実を思い知るのみだった・・・ : NEXT