Lenon


Lenonをフォローしよう!


未熟児で衰弱していた子猫を保護!その後、その子猫の母猫がやってきて・・・


未熟児で産まれてしまったり、障害があって自力で生きることが難しい時、

動物界では見捨てられることがほとんどです。

それは親も自分が生きることで必死だからということもあるし、

動物のリーダーは強いものでなければならないのは理性のない世界で生きるには当たり前、

というルールだからでもあります。

pina

この手のひらに収まってしまう程小さな子猫は、母猫に見捨てられてしまったのでした。

子猫が置き去りにされた場所は、母猫は住み慣れたところ…。

住み慣れた場所を離れてまで置き去りにした理由があったのです。

この子猫の運命は、次のページでお確かめください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. チー太郎 より:

    私が世話をしていた犬は生まれた直後に母犬に踏まれたらしく、3日意識をうしなっていたそうです。獣医さんに診てもらったのですが、手当の方法がないとのことでそのまま連れて帰ったそうです。ところが蘇生して母犬のおっぱいを飲もうとしても兄弟が3匹いるので飲ませてもらえません。飼い主さんが哺乳させて、遅れて成長しましたが、発育が遅れていて小さいので貰い手がありませんでした。そして我が家に飼ってくれないかと相談があり、これも縁かと引き受けました。今年亡くなり悲しいけれど、楽しい思い出を私たちに残してくれました。

  関連記事

寂しそうにしていた友達とその友達を鳴き声だけで元気付けていた犬が初めて直接会った結果・・・

アウディとメッシー オラニットさんの家で飼われている犬は、ラブラドールのメッシーといいます。 そんな …

愛する飼い主との突然の別れというつらい現実を乗り越え、新しい家族との出会いを待つ目が見えない犬!

盲目の犬 ロビンソン(Brittany Robinson)さんは、「K9 Guidance to I …

天王寺動物園のオオカミの愛嬌の良さがまるでワンちゃんみたいだと話題に!

オオカミと言えば頭が賢く、鋭い牙を持った凶暴な性格というイメージが強いかもしれません。 とても獰猛な …

引き出しの中身が気になり、器用に開けた猫!しかしそこには悲しい現実が・・・

引き出しの中身が気になって、見事に自分の力で器用に開けた猫!しかし引き出しの中には、悲しい現実が待ち構えていた・・・

単身赴任していたお父さんが久々に帰宅した時のワンちゃんの反応がちょっぴり寂しい…(笑)

犬は生後1年でもう立派な大人です。 それを考えると、人の1年と犬の1年で時の長さは違うのかもしれませ …

PREV : 犬捨て公園という名の地獄!劣悪な公園で生きる犬たちを保護し続ける女性が涙で訴える・・・
飼い主と犬が保護施設で奇跡的に再会!しかし、犬はただ残酷な現実を思い知るのみだった・・・ : NEXT