Lenon


Lenonをフォローしよう!


未熟児で衰弱していた子猫を保護!その後、その子猫の母猫がやってきて・・・


未熟児で産まれてしまったり、障害があって自力で生きることが難しい時、

動物界では見捨てられることがほとんどです。

それは親も自分が生きることで必死だからということもあるし、

動物のリーダーは強いものでなければならないのは理性のない世界で生きるには当たり前、

というルールだからでもあります。

pina

この手のひらに収まってしまう程小さな子猫は、母猫に見捨てられてしまったのでした。

子猫が置き去りにされた場所は、母猫は住み慣れたところ…。

住み慣れた場所を離れてまで置き去りにした理由があったのです。

この子猫の運命は、次のページでお確かめください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. チー太郎 より:

    私が世話をしていた犬は生まれた直後に母犬に踏まれたらしく、3日意識をうしなっていたそうです。獣医さんに診てもらったのですが、手当の方法がないとのことでそのまま連れて帰ったそうです。ところが蘇生して母犬のおっぱいを飲もうとしても兄弟が3匹いるので飲ませてもらえません。飼い主さんが哺乳させて、遅れて成長しましたが、発育が遅れていて小さいので貰い手がありませんでした。そして我が家に飼ってくれないかと相談があり、これも縁かと引き受けました。今年亡くなり悲しいけれど、楽しい思い出を私たちに残してくれました。

  関連記事

意外な原因で12年間も腫れていた猫の唇→治らないはずが『ある事』をしただけでキレイさっぱり!

アメリカ在住のクリスティン・チャンチオロさんは、 地元のシェルターで「オーディー」という猫に会いまし …

「良い子だね」とペットに声をかけた時のワンちゃんと猫ちゃんのリアクションの違いがもろ分かりな画像8選!

私達の一番身近なペットといえば、やはり「犬」と「猫」です。 よく「私は犬派・私は猫派」などと派閥分け …

「さよならお母さん…ボクはお利口じゃなかったの?」保健所で犬が年間31万匹も殺処分される理由と最期の想いとは?

年間31万匹 保健所で殺処分されている動物の数は、年間31万匹にものぼります。 これは1日に約800 …

縁の下で見つかり保護された2匹の小さな子猫たちの1年後の姿に誰もが驚く…!

縁の下で発見された2匹の小さな子猫!保護されて1年後の姿に、誰もがきっと驚くことでしょう…!詳細はこちら・・・

「盲導犬を勝手に触ったり口笛で気を引く人の殆どは…」視覚障害者の切実な訴えに考えさせられる・・・

「盲導犬を勝手に触ったり口笛で気を引く人の殆どは…」視覚障害を抱えた人の切実な訴えに考えさせられる!詳細はこちら・・・

PREV : 犬捨て公園という名の地獄!劣悪な公園で生きる犬たちを保護し続ける女性が涙で訴える・・・
飼い主と犬が保護施設で奇跡的に再会!しかし、犬はただ残酷な現実を思い知るのみだった・・・ : NEXT