Lenon


Lenonをフォローしよう!


まるで人間から逃れるように砂漠の泥水で喉を潤していた犬!4ヶ月間懸命に手を差し伸べ続けた結果・・・


アメリカのロサンゼルスを拠点に活動する動物保護団体『Hope for Paws(以下HfP)』は、

これまでに多くの野良犬や捨て犬を保護してきました。

そんな彼らに砂漠を彷徨う野良犬を保護してほしいと連絡が入りました。

現場に着くと、そこには泥水を飲んでいる1匹の悲惨な野良犬の姿がありました。

その現場はロサンゼルスから遠く離れた砂漠地帯です。

周りは何もない荒れ果てた大地。

この犬はそこで4ヶ月も彷徨い続けています。

ビーナスと名付けられたその白いシェパードは、

地元ボランティアが食べ物を与えて保護しようと何度も試みましたが、

仕掛けた罠にもかからずに保護できない状態でした。

そうしている間に、日中の気温が38度にもなる暑い季節がやってきたのです。

これ以上の放置は犬の命に関わる、ということでのHfPへの保護協力要請でした。

さて、ビーナスは無事保護できたのでしょうか。

気になる方は次のページをご覧ください。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

楽器にスッポリと収まった猫さん!とりあえず吹いてみた結果・・・(笑)

猫は本当に狭い場所が好きです。 箱の中や洗濯物の中、「鍋猫」「袖猫」という猫さん達も現れました。 こ …

寝床を子猫に占領された時のワンちゃんの意外な対応に思わず涙腺が緩む・・・

占領された寝床 1匹のワンちゃんが、無邪気に遊んでいる3匹の子猫を見守っています。 実はこの場所、見 …

愛猫をいつもと違うペットサロンに連れて行ったらとんでもないことになった…!

ペットにも美容院があります。 しかし犬や猫にとってサロンはストレスになるので、お馴染みのお店に行かれ …

必死の訴え…!眉間にしわを寄せて何を言ってるのかにゃ?

とあるお家に一匹の猫がやってきました。 場所を変えながら一生懸命何かを必死に訴えているその顔は、緊急 …

「不気味」だと忌み嫌われ、引き取り手と巡り会えずにいた猫!本当の美しさを知る人と出会った結果・・・

生まれつき小脳性発育不全で歩こうとすると体がぐらぐらと揺れ、 上手く歩けないハーマンという猫がいます …

PREV : つらそうにしている人の心を軽くするのは「大丈夫?」じゃない!それよりも効果的な言葉はこちら・・・
この従業員への想いがお菓子総選挙1位へと導いたのかも?カルビーの松本晃会長の考えに賛同の声続々! : NEXT