Lenon


Lenonをフォローしよう!


まるで人間から逃れるように砂漠の泥水で喉を潤していた犬!4ヶ月間懸命に手を差し伸べ続けた結果・・・


アメリカのロサンゼルスを拠点に活動する動物保護団体『Hope for Paws(以下HfP)』は、

これまでに多くの野良犬や捨て犬を保護してきました。

そんな彼らに砂漠を彷徨う野良犬を保護してほしいと連絡が入りました。

現場に着くと、そこには泥水を飲んでいる1匹の悲惨な野良犬の姿がありました。

その現場はロサンゼルスから遠く離れた砂漠地帯です。

周りは何もない荒れ果てた大地。

この犬はそこで4ヶ月も彷徨い続けています。

ビーナスと名付けられたその白いシェパードは、

地元ボランティアが食べ物を与えて保護しようと何度も試みましたが、

仕掛けた罠にもかからずに保護できない状態でした。

そうしている間に、日中の気温が38度にもなる暑い季節がやってきたのです。

これ以上の放置は犬の命に関わる、ということでのHfPへの保護協力要請でした。

さて、ビーナスは無事保護できたのでしょうか。

気になる方は次のページをご覧ください。

1
2



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

21歳の時に捨てられた腎不全の老猫→1年後の姿に感動せずにはいられない・・・

動物病院に勤務しているアドリアンヌさん。 そこで動物病院の前のに捨てられた1匹の猫と出会います。 か …

猫のお父さんは馬!?種族を超えた親子の姿に心揺さぶられる・・・

母親を亡くしたライオンの赤ちゃんが猫に育てられたり、又猫の赤ちゃんがタヌキに育てられたり。 そんな様 …

オークションでは「この犬は金になる」などという言葉が飛び交っていた→そこでこの団体が108匹全ての犬を落札した理由とは!?

これはアメリカのミズーリ州で起きた出来事です。 そこでは悪徳なブリーダーによるオークションが行われて …

病気になった途端家族に見放された犬がシェルターに来て200日が経過!病が進行する中でも幸せを願った犬の運命は…?

この犬の名前は「パドレ」。 かつて、人間の家族のもとで飼われていた飼い犬です。 しかし、その体は病魔 …

お布団から出たくなさすぎていたニワトリ!暖かさを求め、ついにストーブの前で行き倒れる・・・

気温がぐっと下がってくると、暖房が欲しくなりますね。 そろそろストーブを出したり、寝床に電気毛布を入 …

PREV : つらそうにしている人の心を軽くするのは「大丈夫?」じゃない!それよりも効果的な言葉はこちら・・・
この従業員への想いがお菓子総選挙1位へと導いたのかも?カルビーの松本晃会長の考えに賛同の声続々! : NEXT