Lenon


Lenonをフォローしよう!


大きさなんて関係ない!オオヤマネコの檻に迷い込んだ時の1匹の猫の様子にみんなビックリ・・・


ヨーロッパオオヤマネコ

みなさんは一般的に家庭で飼われている猫とは違う、大きな猫を見たことありますか?

オオヤマネコ属では最大種と言われる「ヨーロッパオオヤマネコ」。

体長が80~130センチ、体重は18~30キロになると言われています。

普段はネズミやうさぎなどの小動物を捕食していますが、

時には自分の身体より大きな鹿などを襲うこともある獰猛な動物です。

縄張り意識のほか警戒心や攻撃性も高いため、迂闊に近づくことができないとされています。

今回ご紹介するのは、ロシアのサンクトペテルスブルグにある動物園

「レニングラード」にいるヨーロッパオオヤマネコ「リンダ(メス)」のイメージを大きく覆す姿です。

先ほども説明した通り、ヨーロッパオオヤマネコは獰猛な動物。

そんなヨーロッパオオヤマネコ、リンダが過ごしている檻に1匹の猫が侵入しました。

そう、一般的に人間に飼われているあの猫です。

果たしてこの2匹、どうなってしまうのでしょうか?

その模様は、次のページにてご覧ください。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

胴が短いからというだけで捨てられた過去を持つ犬→その容姿が今や世界を虜にする!

一匹の犬が雪の中を歩いています。 この犬はジャーマンシェパードという犬種の犬で、捨てられて街中をさま …

暴風雨にさらされていた野良犬をバス運転手が発見→犬を守るために彼がとった行動に称賛の嵐!

雨の日は、雨に濡れながら帰宅する学生たちをよく見かけます。 「かわいそうだな」と同情しても声をかける …

オーストラリアから地球の裏側のアイルランドへ…迷子になった飼い猫がご主人様と奇跡の再会!

10歳の飼い猫であるジョージは、 オーストラリアのシドニーで飼い主のフィオナさんと一緒に幸せな日々を …

女性が猫らしきものを発見した→その有様は目を疑うような状態だった…!

ある日のこと、 タイのチェンマイに住むWalai Sriboonvorakulさん(49歳)がいつも …

瀕死状態で皮膚がボロボロになった野良犬。2ヶ月の治療後に奇跡の大変身!

※治療前の姿の写真や動画は皮膚がボロボロで大変痛々しい姿をしています。苦手な方はご注意下さい。 痛々 …

PREV : ケンカの真っ最中にそのまま水中で凍ってしまった2頭のヘラジカ!この不思議な現象の理由にビックリ・・
意表をついたデザイン!「本能寺ストーブ」に火をつければ織田信長の最期が見れる!? : NEXT