Lenon


Lenonをフォローしよう!


原発事故発生後も警戒区域に残り、そこに取り残された動物達の世話をたった1人で続ける男性に世界の視線が集まる…!


あの衝撃的な東北の大震災から、もう5年以上が経ちました。

時間が経つと共に、あの衝撃は記憶の奥深い場所に追いやられつつあります。

しかし、福島の原発事故は依然として続いています。

そして、原発事故に伴って避難生活を未だに余儀なくされている人々がいます。

また、警戒区域内には多くの動物達が取り残されています。

今回はその警戒区域内に一人で留まり、残された動物達の世話を続ける人物をご紹介したいと思います。

彼の活動には頭が下がる思いがします。

詳しくは、次のページにてご覧ください。

naoto

1
2


この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

散歩中の猫とシマリスの出会い!猫がシマリスを攻撃するかと思いきや、意外な結果に!?

ある男性が飼い猫と散歩を楽しんでいたところに、 男性の飼い猫に近づいてくる1匹のシマリスがいることに …

人間を恐れて食事をとれなくなった子猫!保護主さんの深い愛情でその瞳にもう一度希望が宿った・・・

ある日エーゲ海に浮かぶギリシャのサモス島で、「ミラ」という名前の子猫が発見されました。 発見された時 …

シェルターに引き渡された犬は檻の中で涙を流していたが外に出られると・・・

南カリフォルニアのロサンゼルス郊外の街であるカーソンには、 カリフォルニアでも高い殺処分率のシェルタ …

子鹿を助けるため、自分の身長より深い上に氾濫した川に飛び込んだ少年!救出劇の結末は…?

困っている人を助けるのには、勇気がいります。 助けたくても勇気がないせいで行動に移せず、自己嫌悪に陥 …

イタリアのこの犬はまさに忠犬!600キロの距離を走り、離れ離れだった飼い主の元へ帰った・・・

突然ですが、皆さんは犬は好きですか? 動物好きの間でも犬派か猫派かで分かれるところですが、筆者は猫も …

PREV : イタリアのこの犬はまさに忠犬!600キロの距離を走り、離れ離れだった飼い主の元へ帰った・・・
お風呂のカビに、実は「線香」がてき面だってご存知でしたか?驚きの手入れ方法がこちら! : NEXT