Lenon


Lenonをフォローしよう!


原発事故発生後も警戒区域に残り、そこに取り残された動物達の世話をたった1人で続ける男性に世界の視線が集まる…!


あの衝撃的な東北の大震災から、もう5年以上が経ちました。

時間が経つと共に、あの衝撃は記憶の奥深い場所に追いやられつつあります。

しかし、福島の原発事故は依然として続いています。

そして、原発事故に伴って避難生活を未だに余儀なくされている人々がいます。

また、警戒区域内には多くの動物達が取り残されています。

今回はその警戒区域内に一人で留まり、残された動物達の世話を続ける人物をご紹介したいと思います。

彼の活動には頭が下がる思いがします。

詳しくは、次のページにてご覧ください。

naoto



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

足の不自由なワンちゃんと飼い主が半年ぶりの再会!ワンちゃんが必死に駆け寄る姿に感動…!

皆さんはワンちゃんはお好きですか? 筆者は大好きです。 声をかけると嬉しそうに尻尾を振ってこちらに来 …

家に帰ると玄関に見知らぬかわいいお客さん!しかし保護するまでどいてくれないようなので・・・

可愛らしい来訪者? 路地裏や公園でも目にする猫。 小さい子猫も可愛いですが、大きくなった猫も魅力的。 …

障害を持つ犬が私たちに伝えてくれた力強いメッセージ!体は特殊でも幸せいっぱい・・・

アメリカのとあるシェルターで保護された1匹の雑種犬。 このワンちゃんはムコ多糖症Ⅵ型という難病を患っ …

命が危ぶまれる重傷を負った子猫の運命は、愛情あふれる女性の粘り強い支えによって大きく変わった…!

想像もできないほどの傷を負った子猫がいました。 重症を負った人間ならば必死で助けられ、応急処置をして …

台風18号の珍置き土産!?家が動物の避難所と化してしまいました・・・(笑)

8月末、アメリカのテキサス州に上陸した大型ハリケーンは地域に甚大な被害をもたらしました。 その影響で …

PREV : イタリアのこの犬はまさに忠犬!600キロの距離を走り、離れ離れだった飼い主の元へ帰った・・・
お風呂のカビに、実は「線香」がてき面だってご存知でしたか?驚きの手入れ方法がこちら! : NEXT