Lenon


Lenonをフォローしよう!


原発事故発生後も警戒区域に残り、そこに取り残された動物達の世話をたった1人で続ける男性に世界の視線が集まる…!


あの衝撃的な東北の大震災から、もう5年以上が経ちました。

時間が経つと共に、あの衝撃は記憶の奥深い場所に追いやられつつあります。

しかし、福島の原発事故は依然として続いています。

そして、原発事故に伴って避難生活を未だに余儀なくされている人々がいます。

また、警戒区域内には多くの動物達が取り残されています。

今回はその警戒区域内に一人で留まり、残された動物達の世話を続ける人物をご紹介したいと思います。

彼の活動には頭が下がる思いがします。

詳しくは、次のページにてご覧ください。

naoto


スポンサードリンク

1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

民家の裏庭に子ぎつねコンコン!可愛すぎる来訪者をご覧ください・・・

田舎にいくと、よく道路に野生の動物が出てきたり近所でみかけたり・・・。 といった声を聞きますよね? …

愛に飢え、悲しい目をしていた猫に最高の環境を与えても一つ足りないものがある!それは…?

悲しい目をしたライアン この猫は、猫の愛護団体「Here Kitty Kitty Rescue(HK …

パン型の犬用ベッドにかわいく挟まれた結果、リアル『ホットドッグ』になった柴犬をご覧ください!

ホットドッグの由来 ホットドッグ、直訳してしまうと『温かい犬』です(笑)。 とても違和感があるのに、 …

テレビを壊した凶悪犯は可愛い顔したアイツ!確保して懲役刑を科したものの…(笑)

Twitterユーザーのユウキレイ(@YuukiRay)さんのお宅で大事件が発生しました。 なんとリ …

スマホも壊れるような猛暑の中、変電ボックスと壁の間に挟まれた猫は多くの優しい人々によって救われた…!

ポルトガルの40℃を超える猛暑の中、 Imgurユーザーのjoelalmeidaptgさんがポケモン …

PREV : イタリアのこの犬はまさに忠犬!600キロの距離を走り、離れ離れだった飼い主の元へ帰った・・・
お風呂のカビに、実は「線香」がてき面だってご存知でしたか?驚きの手入れ方法がこちら! : NEXT