Lenon


Lenonをフォローしよう!


イタリアのこの犬はまさに忠犬!600キロの距離を走り、離れ離れだった飼い主の元へ帰った・・・


ロッキー

rokki1

イタリアに住むイブラハム・フワルさんは、シリア出身の65歳の男性です。

イブラハムさんは、市内の動物シェルターで生後数ヶ月のジャーマンシェパード犬に出会います。

そしてこの子犬をロッキーと名付け、家で大切に飼うことにしました。

rokki2

ロッキーはイブラハムさんからの愛情を受けながら、グングン成長していきます。

そんなある日、イブラハムさんはロッキーとビーチへ行きました。

その日はとても暑く、イブラハムさんはロッキーを砂浜に座らせてひとりで海に入ったそうです。

しかし海から出てきたとき、そこにロッキーの姿はなく、辺りを探してもまったく見つかりませんでした。

イブラハムさんが落ち込んでビーチに戻ってくると、

そこにいた人からジプシーの人がロッキーに似た犬を連れていたと聞き、

ロッキーは迷子ではなくさらわれていたことを知ります。

3年後

rokki3

イブラハムさんとビーチで離ればなれになってしまってから3年後、

どういうわけかロッキーはサレルノという場所である家族の飼い犬になっていました。

ロッキーはそこでは大事にされていたらしいですが、

たびたび家から飛び出していくことがあったそうです。

なのでもし犬がいなくなったときのために、家族は愛犬の首輪に電話番号を書いていました。

そしてある日、ロッキーは再び姿を消します。

おそらくロッキーは、イブラハムさんの元に帰りたかったのでしょう。

rokki4

イブラハムさんの住むところは、サレルノからは700キロも離れています。

ですが、ロッキーはサレルノからの600kmの距離を走り抜いたのです。

とはいえイブラハムさんの住むカッラーラまであと100キロのところで、

やはりロッキーは歩けなくなってしまいました。

3年ぶりの再会

rokki5

ロッキーはその後保護され、保護した人は首輪の電話番号からサレルノの家族と連絡を取ります。

そしてその時、ロッキーの足に子犬の時につけられた認識用のIDが見つかり、

ロッキーはイブラハムさんの犬であることが判明しました。

このことでサレルノの家族も保護した人たちも、犬が家を飛び出した理由がわかりました。

そしてロッキーは、とうとう3年ぶりにイブラハムさんとの再会を遂げました。

イブラハムさんは、再会した時の感想をこのように言っています。

「信じられなかった。ロッキーが戻ってきたとき、彼は僕の声を聞いただけで喜んでいたよ」

イブラハムさんとロッキーとの絆が、今回の出来事を引き起こしたのかもしれませんね。

rokki6

出典:サプライズ

【関連記事】

子猫がトラックの荷台に入り、そのまま60キロの大移動に!運転手が母猫を探すためにすぐさま引き返すが・・・

砂漠の中で250キロのマラソン!過酷な6日間を過ごしていた男性はなぜかついてくる野良犬と生活を共にして・・・

総移動距離は483キロ!イギリス海軍のパイロットの車に隠れて移動した子猫→保護された結果・・・

余命数日の愛犬と1,900キロの大冒険!最高の思い出が起こした奇跡とは!?

オーストラリアから地球の裏側のアイルランドへ…迷子になった飼い猫がご主人様と奇跡の再会!



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ハヤブサの完全に野生をどこかへと置き忘れたに違いない表情をご覧ください…(笑)

今回ご紹介するハヤブサの野生は一体どこへやら…?イメージが覆されること間違いなしな表情をご覧ください・・・(笑)

まだブカブカの仕事着がかわいい(笑)小さな子犬たちの初めて出勤する姿6選!

かわいいは正義! 小さい子供が大人の服を着ていたり、初めてのおめかしをしていたり…。 「小さい」とい …

脱走してしまう犬のために飼い主が作った柵を動画で自慢げに撮影していたら18秒後・・・

最近では、大型ショッピングセンターや公園内にドッグランがある施設が増えてきましたよね。 犬を飼ってい …

助けた野良犬は保護職員にすぐ懐いた!寂しそうな顔から一気に緊張を解いた様子に嬉しくなる・・・

ダウンタウンのホームレス犬 アメリカ全土にて、犬の保護活動を行なっている動物保護団体『Hope fo …

愛猫がこの世を去って1週間後、兄弟猫の首輪にとても感動的な手紙がくくりつけられていた…!

イギリスで暮らすカップルは、ベアとテディという2匹の猫を飼っていました。 しかしある日、ベアが天国へ …

PREV : 覆面パトカーだと気づかずに煽りまくった高級車→おバカの結末はご想像通り・・・
原発事故発生後も警戒区域に残り、そこに取り残された動物達の世話をたった1人で続ける男性に世界の視線が集まる…! : NEXT