Lenon


Lenonをフォローしよう!


救助されて馬鹿笑い!水中から助け出されたロバの様子に救急隊員は驚きを隠せなかった・・・


救助要請

飼い主さんがマイクを発見できたのは翌朝でした。

飼い主さんだけでは到底マイクを救出できず、

アニマル・ヘブン・アニマル・レスキューという、

アイルランドで動物の救助や保護を目的に活動している団体に助けを求めました。

この団体の管理担当であるスザンヌ・ギボンさんは飼い主さんの要請を受け、

FaceBookに次のようなコメントを投稿しました。

「今日届いた緊急事態の通報です。

キローグリンで発生した洪水により、ロバが一頭水の中に取り残されています。

ボートと手助けを要請します。

ロープなども必要かもしれません。

どうか助けをお願いします」

すぐさま救助部隊がマイクの元へ到着しました。

ボートチームのコーチを務めるほどの腕前の作業員が、ボートでマイクの元へと漕いで向かいました。

連携の取れた動きで無事マイクの元へ辿り着き、

救命具を装着しロープでマイクを先導しながら陸へと向かいます。

マイクの笑顔

助け出されることが理解できていたのかマイクは救助されている間、満面の笑みを浮かべていました。

どうやら喜びを抑えきれない様子です。

助け出されたマイクは温かい食事に、ブランケットで冷えた体を拭き温めてもらいました。

しかし長時間水に浸かっていたこともあり、肺炎の危険がありました。

獣医の診察を受け、体調も順調に回復しましたがあまりにも素敵な笑顔が評判を呼び、

地元でも有名なロバになりました。

大変な状況での救助で助かったロバを取材した地元メディアの力もあって、

誰もがマイクの笑顔の虜になってしまったのでしょう。

マイクに関して紹介されたこちらの動画をご覧ください。

マイクの笑顔はなぜか心が癒されますね。

マイクの感謝の気持ちも含まれているのかもしれません。

笑顔だけで人々の心を癒してしまったロバのマイク。

これからも素敵な笑顔で健やかに過ごしていただきたいですね!

出典:Facebook/YouTube

【関連記事】

傷ついた我が子を守るため、人間が保護しようとするとパニックになった母ロバ→野生の中の親子愛に心揺さぶられる…!

トラックの前に白鳥が!しかも後ろは大渋滞→だからこそ見えたドライバーの優しさ・・・

殉職した警察犬に手紙が届く→お小遣いが同封されたその手紙が世界中の人々を動かす…!

鉄道の線路内でサルが感電!仲間のサルたちの懸命な救助活動に心揺さぶられる・・・

建設現場で泥まみれになり、命が危ない動物→懸命な救助の結果、ビックリするような姿を現した!



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

2度の悲劇にもめげない!何が何でもハンモックに乗ろうとする猫に笑いの神降臨(笑)

何が何でもハンモックに乗ろうとする猫!2度の悲劇にもめげない中、必死な猫に笑いの神が舞い降りた(笑)詳細はこちら・・・

腫瘍で先の長くない犬を飛行機に乗せ、最期に暮らす家へと向かって行く・・・

腫瘍を抱え、もう先が長くないとされた犬!それを知ったレスキューの男性は自家用の飛行機に犬を乗せて最期の家へと連れて行く・・・

「一緒に暮らそう…」飼い主と死別した猫は保護施設で訪問者に手をかざし続けた→すると・・・

どんな時も悲しい別れというのはつきものです。 このお話の主人公の猫も最愛の飼い主さんの死に出会い、 …

人間の兄弟喧嘩を懸命に仲裁するワンちゃんが微笑ましい・・・

幼い時の兄弟喧嘩はごく普通のことです。 まして男の兄弟の場合は、 喧嘩も殴り合いや蹴り合いなどかなり …

散歩中、子どもたちに褒められたおじいちゃん犬がシャッキリ紳士に大変身!

老犬ソーヤくん 14歳の老犬「ソーヤくん」は、 4年前に保護犬としてTwitterユーザーの東雲鈴音 …

PREV : 迫力がヤバすぎて鳥肌全開!使用済みのタイヤで作られたライオンがカッコいい・・・
悲しい表情が消えなくなった猫→安楽死が決定したが前日に奇跡を起こす…! : NEXT