Lenon


Lenonをフォローしよう!


ケージの外の世界を知らない犬→人の優しさに触れ、初めて広い世界を知った姿に涙が溢れる・・・


ある動物保護団体に保護された1匹の女の子のワンちゃん。

この犬は保護されるまで、飼い主から虐待を受けていました。

それは暴力ではなく、小さいケージに閉じ込められるというもの。

体を伸ばすこともできない小さなケージに、その犬はずっと閉じ込められていたのです。

そんな辛い経験をしたこのワンちゃんが保護されてから初めて外の世界を知り、

伸び伸びとした姿に心打たれる動画があります。

どんな姿か気になる方は次のページをご覧ください。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

体をピンクに染められて大きな傷を負ったシャム猫!最初は警戒心むき出しだったが・・・

ジェレミーさんが、モカという1匹のシャム猫を保護したのは道端でした。 人間に対して強い警戒心を露わに …

「私に構わないで!」この野良犬が保護職員を尋常じゃなく警戒していた理由に胸が震える・・・

人間の目線では理解できない、動物たちの事情があります。 犬の体型も人間の都合でさまざまな大きさに改良 …

安楽死直前の大変身!「汚いから殺処分してくれ」心ない元飼い主が決して見ることはできなかったワンちゃんの奇跡の姿・・・

身勝手な飼い主による持ち込み…殺処分の現状 日本では毎年およそ十万匹もの犬猫が、行政機関で私たちの税 …

鼻先のねじれた犬にシェルターで待ち受けていた悲しい再会と奇跡的な出会い…!

「バックヤードブリーダー」という、 専門的な知識を持たずに小遣い稼ぎのように犬を繁殖させる人たちがい …

男性がギターを弾きはじめたら、めちゃキュートなお客さんがやってきた!

マレーシアのとある居酒屋で大柄な男性が笑顔でギターを弾き始めました。 外はバイク音で時々うるさいです …

PREV : 出川哲朗が号泣し、今もなおずっと支えになっているという明石家さんまの一言とは!?
「こんな父親いなくたって…」父親が鳶職だという男子高校生が書いた作文に感動…! : NEXT