Lenon


Lenonをフォローしよう!


ケージの外の世界を知らない犬→人の優しさに触れ、初めて広い世界を知った姿に涙が溢れる・・・


ある動物保護団体に保護された1匹の女の子のワンちゃん。

この犬は保護されるまで、飼い主から虐待を受けていました。

それは暴力ではなく、小さいケージに閉じ込められるというもの。

体を伸ばすこともできない小さなケージに、その犬はずっと閉じ込められていたのです。

そんな辛い経験をしたこのワンちゃんが保護されてから初めて外の世界を知り、

伸び伸びとした姿に心打たれる動画があります。

どんな姿か気になる方は次のページをご覧ください。

1
2



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

未知との遭遇?初めてのおやつにモジモジと戸惑うコーギーに萌えキュン!

さぁコーギーちゃん、美味しいおやつの時間です。 ところが、これが初めてのおやつであるコーギーの子犬。 …

この牛が普通の牛よりキュンとくる理由に気づけた人はロマンチスト!どこが素敵なのでしょう?

大空の下、のびのびと暮らす一匹の牛。 一見普通の牛に見えますが実はこの牛、他の牛より素敵な牛なのです …

危険な戦闘地域で出会った障害を持った子猫と兵士→子猫を思う兵士の取った決死の行動とは!?

アメリカ陸軍兵士のクリスティン・ボールディンさんは、アフガニスタンに派遣されていました。 その時、と …

我が子を救うことができないでいた母馬→男性の勇気ある行動で素晴らしいことが起こる…!

ブラジルの田舎道を1人でドライブしていた男性が、木の橋で何かを発見しました。 車を止めてみると、どう …

感動!最後の別れを告げるために病院に来た馬「おじいさん、今までありがとう。」

最愛の人との別れは、とても悲しいものです。 その気持ちは何ものにも代えがたく、そしてそれは人間も動物 …

PREV : 出川哲朗が号泣し、今もなおずっと支えになっているという明石家さんまの一言とは!?
「こんな父親いなくたって…」父親が鳶職だという男子高校生が書いた作文に感動…! : NEXT