Lenon


Lenonをフォローしよう!


ケージの外の世界を知らない犬→人の優しさに触れ、初めて広い世界を知った姿に涙が溢れる・・・


ある動物保護団体に保護された1匹の女の子のワンちゃん。

この犬は保護されるまで、飼い主から虐待を受けていました。

それは暴力ではなく、小さいケージに閉じ込められるというもの。

体を伸ばすこともできない小さなケージに、その犬はずっと閉じ込められていたのです。

そんな辛い経験をしたこのワンちゃんが保護されてから初めて外の世界を知り、

伸び伸びとした姿に心打たれる動画があります。

どんな姿か気になる方は次のページをご覧ください。

1
2



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

自分の愛犬が老犬になるとかわいくなる「7つのこと」に世の愛犬家が大納得!

Twitterユーザーのがくこ(@vloc_ol)さんのツイートが話題になっています。 がくこさんは …

家に帰った兵士を出迎える耳もほとんど聴こえない老犬!もう一度あえた瞬間に涙が止まらない・・・

ワンちゃんを飼ったことがある人なら経験があると思いますが、 1日でも家をあけると帰ってきたときの喜び …

マイナス20度の中に2日間も置き去りにされた2歳の男の子!それでも無事だったのは2日間ずっと温め続けた飼い犬のおかげだった・・・

2017年2月11日、イギリスのフリーペーパー「Metro」にある事件が掲載されていました。 その事 …

猫専用の通路に大きな障害物(犬)何としても通りたかった猫の優しい対応がこちら!

猫を飼っているお家の扉や壁によくある、猫用の小さな通路。 猫を飼っているあるお宅にも、そうした通路が …

保健所へ出戻りしてしまった猫→新たな里親に引き取られたら、悲しげな表情がこんなに変わった!

出戻り この猫の名前は「エミール―」。 オッドアイが魅惑的な彼女は、野良猫でした。 生まれつき前足が …

PREV : 出川哲朗が号泣し、今もなおずっと支えになっているという明石家さんまの一言とは!?
「こんな父親いなくたって…」父親が鳶職だという男子高校生が書いた作文に感動…! : NEXT