Lenon


Lenonをフォローしよう!


老犬との最後のドライブを写した写真が規約違反に!しかしその背景に涙が止まらない・・・


近年、空前のペットブームで犬や猫を飼う人が増えています。

しかし、家族同然の犬や猫にも必ずお別れの時が来ます。

ペットとの時間を大切にすればするほど、別れの時は辛く悲しいものになります。

海外のある掲示板サイトで1枚の写真が話題となりました。

その写真を見た人からは

「これは悲しすぎる体験。私も愛犬を抱きしめたくなった」

「我が家の仔犬は、私の家族になって1年経ちますが、

私にはまだこの子と別れる日がくるなんて想像できません」

など、この写真を投稿した人に共感したコメントが多く寄せられました。

一体どんな写真を投稿したのでしょうか?

気になる方は次のページをご覧ください。

1
2


この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「満腹=餓死」「動きすぎると死」ハード過ぎるナマケモノの生態はもはや尊敬するしかない!

何もしないで1日中寝ていられたら良いのに、と思うことはありませんか。 日がな1日のんびりと木にぶら下 …

雪の妖精と呼ばれる『シマエナガ』→可愛らしい姿が見る者の心を鷲掴み…!

木々は葉を落とし、山や町は雪が降り白く雪化粧され、冬になると見慣れた景色も幻想的に見えませんか? し …

「僕と結婚するなら犬を捨てて欲しい」婚約者の男性から迫られた選択肢に女性はこう答えを出した…!

結婚するかわりに… お見合い婚がまだまだ多いインド。 今回ご紹介するカリシュマ・ウェールズさんもお見 …

保護して間もなく地震に襲われた子猫→白猫と寄り添い合っていたあの時から1年半経って見せてくれた姿にみんなメロメロ!

保護猫2匹とねこかますさん 地域猫の生態を観察したり、野良猫の保護活動などをおこなっているねこかます …

ずっと行方不明だった愛猫と念願の再会を果たした自閉症の少年!嬉し涙を流した感動の瞬間がこちら・・・

ストレスや強い不安感を和らげるために、動物の力を借りることをアニマルセラピーといいます。 動物と触れ …

PREV : 「殴った翌日に夫は花を買ってきて…」パリのDVに関するポスターの最後の一文に背筋が凍る・・・
日本人である事を強調しすぎたパスポートの写真!10年間これで入国審査を通してきたが・・・ : NEXT