Lenon


Lenonをフォローしよう!


助けた野良犬は保護職員にすぐ懐いた!寂しそうな顔から一気に緊張を解いた様子に嬉しくなる・・・


ダウンタウンのホームレス犬

アメリカ全土にて、犬の保護活動を行なっている動物保護団体『Hope for paws』。

団体のもとには、昼夜問わず日々多くの保護要請があります。

そしてこの日も、ロサンゼルスのダウンタウンに1匹のホームレス犬がいるとの通報がありました。

通報があった現場へと到着した保護職員は車で捜索。

やがて、道路にうずくまっている1匹のピットブル犬を発見しました。

paws1

おとなしいピットブル

ピットブル犬といえば、まず第一に思い浮かぶのは『闘犬』。

または『気性が荒い』などといったイメージがある方も多いでしょう。

そのため、保護するにしても警戒を怠っては大変な事態になり兼ねません。

しかし職員が車から降りてピットブルに声をかけたところ、少しだけ職員の声に耳を傾けました。

paws2

しかし警戒しているのでしょうか、立ち上がったピットブルは去って行行きました。

その足取りはトボトボと寂しげにです。

ですが職員は、ピットブルの行動から人間に慣れている様子が伺えたため、

歩いて彼を追跡することにしました。

そして辿り着いたのはガレージの敷地。

どうやらそこが彼の寝床のようでした。

ガレージの整備士によると、最近やってきた野犬とのことでした。

職員はまず、離れた場所からピットブルに食べ物を与えました。

ピットブルの警戒心を解くためです。

paws3

通常、保護する時には食べ物を与えて少しずつ距離を近づけて保護します。

しかし、このピットブルは違いました。

やはり職員の読み通り、人慣れしているようでピットブルの方から距離を縮めてきたのです。

paws4

これには職員も驚きました。

このピットブルはわりと最近まで飼われていたのかもしれません。

職員に心を許したピットブル。

「さぁ、お家へ帰ろう」という職員の言葉に促されて行ったのは職員の車。

さて、ピットブルは車に乗れるのでしょうか!?

結末は次のページにてご覧ください。


スポンサードリンク

1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

人生のどん底だったストリートミュージシャンの大逆転には幸運の招き猫との出会いがあった…!

気まぐれで行動の読めない猫たち。 猫にまつわる迷信は古くから存在します。 多くは幸運を招き入れてくれ …

必死に抵抗をしていた子犬が新しい経験の中で少しずつ心を開き、その先の希望の光へ…!

人間の都合で、無責任に捨てられてしまう犬たちがいます。 元飼い主からの虐待、突然の孤独、空腹や寒々し …

「不気味」だと忌み嫌われ、引き取り手と巡り会えずにいた猫!本当の美しさを知る人と出会った結果・・・

生まれつき小脳性発育不全で歩こうとすると体がぐらぐらと揺れ、 上手く歩けないハーマンという猫がいます …

子猫がおとなしくお座りしていると思ったらなんだか様子が変!ひょっとして・・・

お座りする子猫? モフモフした子猫ちゃんがちょこんとお座りしています。 お行儀の良い子猫ちゃんですね …

大切な仲間?それとも勘違い!?ぬいぐるみと散歩する猫がなんともかわいい・・・

相手はぬいぐるみ!二匹の猫ちゃんがとった行動 元気に動きながら鳴く子猫のぬいぐるみに、興味津々の二匹 …

PREV : ドラクエ田んぼアートから巨大スライム誕生!刈り取った稲が巨大なわらアートに変身…!
日本の冬の美しさがここに!長野県の雪化粧された森林が月光を浴びて幻想的に輝く・・・ : NEXT