置き手紙によるとこの18歳の老猫は「最善の方法」の下に飼い主に捨てられていた→保護施設のスタッフは必ず里親を見つけると決心する…! | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


置き手紙によるとこの18歳の老猫は「最善の方法」の下に飼い主に捨てられていた→保護施設のスタッフは必ず里親を見つけると決心する…!


「私はトーリです」

この猫の名前はトーリで、とても穏やかそうに見える黒い猫です。

年齢はもう18歳で、人間で例えるならすでに60代〜80代の老人です。

tori1

そんなトーリは飼い主に捨てられ、保護施設の前で放置されていました。

側には手紙が置いてあり、その内容はこちらになります。

tori2

「私の名前はトーリ。

私はトイレが使えず、とても鋭い爪を持っています。

家に赤ちゃんが産まれたため、私を飼えなくなりました。

私を手放すのは心苦しいそうですが、これが家族のための最善の方法なのです。」

トーリのような老猫は里親が見つからない場合も多く、

保護施設に入っても先の見えない運命が待っているだけです。

それは重々承知していたスタッフでしたが、

この手紙を見てどれだけの時間が掛かろうともトーリのために家を見つけると強く決心しました。

新たな生活へ・・・

トーリは爪を獣医さんに診てもらいました。

長い間手入れをされなかったようで、伸びた爪で足が傷ついていました。

獣医の看病によって、トーリはとても気分を良くしてくれたそうです。

トーリの話はFacebookでも投稿され、多くの人が関心を示してくれました。

たくさんの人の手助けで、ついにトーリを引き取ってくれる飼い主が現れました。

tori3

新しい飼い主に懐いて嬉しそうです。

tori4

tori5

こうして新しい生活を始めたトーリは、なんと自力でトイレが使えるようになりました。

いつも寝転んでいて幸せそうな表情を見せてくれています。

これからも優しい飼い主さんと共に残りの人生を過ごし、幸せに生きていくよう願います。

出典:エウレカ!

【関連記事】

ひどくボロボロな「判別できない何か」の名前は『スカーレット』→なんと驚くことに老猫だった…!

ずっと引き取ってもらえずにいた耳のない老猫に”運命の”里親さんが現れる!

保護施設で暮らしていた20歳の老猫→迎え入れてくれた家族に最期のその時まで愛情を注ぎ注がれ尽くした…!

心優しい家族と一緒に暮らす31歳の老猫は、人間でいえば140歳!

野良として長年彷徨ってきた老猫→ある男性と運命的な出会いを果たし、幸せな第二のニャン生をスタートさせる!



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ちょっとオーバーかもしれない猫の人間顔負けなリアクション10選!

時には可愛らしく、時にはカッコよく猫の行動は見ていて飽きることがありません。 もしかして、演技をして …

お腹丸出しで寝ていた猫を飼い主さんが「ベッドで寝んねしましょうね」と運んであげると…(笑)

猫ちゃんやワンちゃんは、ソファーやお気に入りのクッション、 飼い主さんの膝の上など色々なところでくつ …

ブタに8年支えられていた目が全く見えない牛!ブタがこの世を去った時、新しい人生へ歩み始める・・・

ベイビーとルル アメリカのマサチューセッツ州には「Don’t Forget Us Pet Us」とい …

1ヶ月もの間、車の中に監禁されていた犬が無事に保護された瞬間がこちら…!

レバノンにて、飼い主によって実に1ヶ月もの間、車の中に監禁されていた犬!無事に保護された瞬間をご覧ください・・・

9年間狭いケージに閉じ込められていたチワワが初めてベッドの感触に触れた瞬間に涙が溢れる…!

強制的な繁殖のために9年間狭いケージの中に閉じ込められていたチワワ!初めてベッドの感触を知った瞬間に涙が止まらない・・・

PREV : ハムスターに手作り弁当を作ってあげた→凄まじい勢いでモグモグ食べるかわいい姿を見せてくれた!
猫とトカゲは不機嫌で攻撃的、でも同じ境遇を持っていた→この2匹の偶然の出会いが驚愕の変化をもたらす…! : NEXT