Lenon


Lenonをフォローしよう!


危険な戦闘地域で出会った障害を持った子猫と兵士→子猫を思う兵士の取った決死の行動とは!?


アメリカ陸軍兵士のクリスティン・ボールディンさんは、アフガニスタンに派遣されていました。

その時、とある母猫と子猫に出会いました。

子猫のお名前は「フェリックス」。

フェリックスは小脳形成不全という障害を抱えており、

全身を上手く動かせずに歩行がぐらついていました。

クリスティンさんがフェリックスを起こしてみるとひっくり返ってしまい、

何度やっても失敗してしまったそうです。

兵士と子猫の絆

sentou1

フェリックスはとても臆病な様子で、クリスティンさんが近づくと威嚇していましたが、

母猫はクリスティンさんに体を擦りつけるなど人に慣れた様子があり、

次第にフェリックスもクリスティンさんに懐くようになりました。

水や食料を運び、母猫とフェリックスに餌を与えました。

フェリックスはクリスティンさんを信頼するようになり、愛情を向けるようになってきました。

可愛らしい母子の姿を眺める度に、

クリスティンさんは母子をどうにか自国のアメリカに連れ帰ることを考えていました。

そんなとき、母猫がフェリックスの前から消えてしまいました。

クリスティンさんはフェリックスをアメリカに連れ帰り、育てる決意を固めました。

母猫が何を思い、フェリックスの元から姿を消したのか分かりませんが、

もしかしたら母猫はクリスティンさんにフェリックスのことを頼みたかったのかもしれません。

それ程母猫も、フェリックスもクリスティンさんのことを信頼していたのでしょう。

sentou2

クリスティンさんは自宅から猫用のおやつを送ってもらうとフェリックスに与え、

おやつを食べたフェリックスはクリスティンさんに寄り添って過ごしました。

嬉しそうで満足そうに鳴くフェリックスの姿はクリスティンさんの癒しであり、

信頼を寄せて見つめるフェリックスの姿に熱いものがこみ上げ、涙を流すことも多かったそうです。

何とかフェリックスを連れ帰りたいクリスティンさんは、

帰国する兵士が乗る飛行機に乗せてもらえないかと交渉するも、断られてしまいます。

このままフェリックスを置いて帰国しなければならないのでしょうか?

続きが気になる方は次のページをぜひご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

絶対にツリーを捨てたい人VS絶対捨てられたくない2匹の犬による18万以上のいいねを集めた必死すぎる攻防戦がこちら(笑)

絶対にツリーを捨てたい人VS絶対捨てられたくない2匹の犬による必死すぎる攻防戦に18万以上のいいねが集まって話題に(笑)

最大の激戦地アレッポで、たった1人で猫を保護し続ける男性の勇敢な姿に世界中の人々が感動・・・

激戦地での保護活動 シリアの内戦で激戦地となったアレッポの町。 そこで身の危険を顧みず、猫の保護活動 …

年老いた愛犬のために写真を21枚撮り続けた→最後の写真に涙がとまらない・・・

歳をとるという事 いつも共に過ごしてきた家族のような愛犬。 人間と同じく犬もまた歳をとり、段々と衰え …

カエルの子はカエル?いいえ、ワンちゃんです(笑)そっくりすぎる親子犬の微笑ましい画像11選!

やっぱり親子 「この親にしてこの子あり」という言葉がありますが、 人間の子どもが容姿や性格、果てはち …

ハーバード大学の教授が分析した結果、犬は飼い主の夢を見ることが判明!この事実は飼い主は滂沱の涙・・・

家に戻ると、ぐっすりと眠っている愛犬が見られるのは飼い主さんにとってありふれた光景かもしれませんが、 …

PREV : 世界遺産に認定されている日本最古の神社が貼りだしたマナー違反者に対する張り紙→それは「当たり前だけど大切なこと」だった…!
カエルがワニに近付いて行った→その後起きた出来事に「マジか!?」と叫びたくなる…! : NEXT