Lenon


Lenonをフォローしよう!


危険な戦闘地域で出会った障害を持った子猫と兵士→子猫を思う兵士の取った決死の行動とは!?


アメリカ陸軍兵士のクリスティン・ボールディンさんは、アフガニスタンに派遣されていました。

その時、とある母猫と子猫に出会いました。

子猫のお名前は「フェリックス」。

フェリックスは小脳形成不全という障害を抱えており、

全身を上手く動かせずに歩行がぐらついていました。

クリスティンさんがフェリックスを起こしてみるとひっくり返ってしまい、

何度やっても失敗してしまったそうです。

兵士と子猫の絆

sentou1

フェリックスはとても臆病な様子で、クリスティンさんが近づくと威嚇していましたが、

母猫はクリスティンさんに体を擦りつけるなど人に慣れた様子があり、

次第にフェリックスもクリスティンさんに懐くようになりました。

水や食料を運び、母猫とフェリックスに餌を与えました。

フェリックスはクリスティンさんを信頼するようになり、愛情を向けるようになってきました。

可愛らしい母子の姿を眺める度に、

クリスティンさんは母子をどうにか自国のアメリカに連れ帰ることを考えていました。

そんなとき、母猫がフェリックスの前から消えてしまいました。

クリスティンさんはフェリックスをアメリカに連れ帰り、育てる決意を固めました。

母猫が何を思い、フェリックスの元から姿を消したのか分かりませんが、

もしかしたら母猫はクリスティンさんにフェリックスのことを頼みたかったのかもしれません。

それ程母猫も、フェリックスもクリスティンさんのことを信頼していたのでしょう。

sentou2

クリスティンさんは自宅から猫用のおやつを送ってもらうとフェリックスに与え、

おやつを食べたフェリックスはクリスティンさんに寄り添って過ごしました。

嬉しそうで満足そうに鳴くフェリックスの姿はクリスティンさんの癒しであり、

信頼を寄せて見つめるフェリックスの姿に熱いものがこみ上げ、涙を流すことも多かったそうです。

何とかフェリックスを連れ帰りたいクリスティンさんは、

帰国する兵士が乗る飛行機に乗せてもらえないかと交渉するも、断られてしまいます。

このままフェリックスを置いて帰国しなければならないのでしょうか?

続きが気になる方は次のページをぜひご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

生まれつき足のないハスキー犬!絶望していた犬が家族と車いすを手に入れると・・・

タイに住むハスキー犬のマヤは、生まれつき足がありませんでした。 そんなマヤは足以外に腰にも問題を抱え …

ご主人様が大変だ!ワンコの集団が飼い主が溺れたと勘違いして助けに向かう様が笑えるw

1人の男性が、川で優雅に泳いでいます。 しかし、それを溺れたと勘違いしたワンコの集団が必死に泳いで助 …

いつものクセで猫の尻尾をゴシゴシするアライグマ!猫に怒られて・・・

アライグマといえば、水中で食べ物を洗うような姿を思い浮かべます。 「アライグマ」の名前の由来ですが、 …

犬舎の隅で世界の終わりのような表情でうなだれるシニア犬と過ごす時間が写真家に教えた事とは?

ロサンゼルス在住の写真家ジョン・ワンさんは、大の動物好きでした。 そのため彼は、犬や猫をはじめとした …

母親をなくした6匹の子猫を温かく迎えてくれたのは、耳の長いお父さんでした・・・

リズさんの家には、6匹の子猫が暮らしています。 4匹は1週間前に母猫を亡くした子猫たち、2匹は3週間 …

PREV : 世界遺産に認定されている日本最古の神社が貼りだしたマナー違反者に対する張り紙→それは「当たり前だけど大切なこと」だった…!
カエルがワニに近付いて行った→その後起きた出来事に「マジか!?」と叫びたくなる…! : NEXT