Lenon


Lenonをフォローしよう!


ずっと引き取ってもらえずにいた耳のない老猫に”運命の”里親さんが現れる!


猫は大人になると、引き取り手が少なくなります。

まして老猫で障害があるとなおさらです。

ところが、猫のチャームポイントでもある両耳を失ってしまった猫が、

待ちに待って運命の里親さんに出会うことができました。

運命で結ばれたふたりをご覧下さい。

耳の無い猫

この耳の無い猫は9歳半とやや年老いています。

チャームポイントである耳を病気で失い、長い間引き取り手が現れませんでした。

otai1

この猫の元飼い主さんが、適切な治療をしてあげなかったので耳を失い、ほとんど聞こえなくなってしまいました。

結局、この子を保護施設に引き渡したそうです。

モリーさん登場

otai2

この猫のいるお店へ、大学院生のモリーさんがやってきました。

ここは保護された猫の譲渡も行っているペット用品店です。

モリーさんはある理由で自分のセラピーになってくれる猫を探しており、一目見てこの猫を気に入りました。

otai3

そして猫は、モリーさんの家に引き取られる事になりました。

なぜモリーさんは、耳の無い年老いた猫を引き取ったのでしょうか?

その理由は次のページにてお伝えいたします。

1
2



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ミミズクが命の恩人にハグ…人間とミミズクの絆に感動が止まらない!

アメリカのミシシッピ州で頭に酷いけがを負ったミミズクが発見されました。 すぐに動物保護施設「ワイルド …

本来ペットは飛行機の客室に入れない…そのルールを曲げた航空会社の山火事への対応に賞賛の嵐!

飛行機の客室でくつろぐお犬、お猫のお客様たち 「ところで機内食はいつでるのかな?」 なんて思っていそ …

母親を失ったオポッサムを背中に乗せ続けたジャーマンシェパードの母→種類は違っても支え合って生きる2匹の姿に感動…!

2匹の出会い 不慮の事故で母親を亡くしたこのオポッサムの赤ちゃんは、「ポンチョ」という名前をつけられ …

住み慣れた牧場が閉鎖となったことで恐怖のあまり、涙を流した牛!運ばれた先には・・・

牛の行方 みなさんが普段から食べている牛肉や牛乳。 これらは尊い命の犠牲のおかげで私たちの食卓へ定期 …

ゴミの山から保護された1匹の犬の、1年後の姿に涙が止まらない・・・!

2013年に、ゴミ山から1匹のハスキー犬が保護されました。 保護された犬は「ミリー」という名前でした …

PREV : ストリートミュージシャンを見つめる怪しい男性→この後の展開に拍手喝采!
あの世界の歌姫が『NEWS ZERO』に出演した結果、違和感なく馴染みすぎていてすごいと話題に…! : NEXT