Lenon


Lenonをフォローしよう!


意外だったストレス解消法!ワンちゃんと眠ると体に良い7つのワケとは・・・?


しつけって難しい!

「主従関係をはっきりさせるため、愛犬と同じ布団で寝てはいけない」と、

よく犬のしつけ本には載っているのを見たことがありませんか?

躾をする上での決まり事はたくさんあります。

実はその「当たり前」だと思っていた常識に、賛否両論があるのです!

「一緒に寝ないほうが良い」とされる方々の意見では、

躾の面のほか人間が眠っている間に部屋の中のものを物色し、危険なものを誤飲したりする危険性や、

衛生面での心配なども挙げられます。

そして「一緒に寝たほうが良い」とされる方々の意見の中には、

飼い主も愛犬も両者が幸せになれるwin-winな理由が7つもあるというのです。

今回は人も犬もメリットのあるwin-winな理由とはなにか、ご紹介したいと思います。

気持ちが良い

issyo1

一緒の布団で眠ると、犬の呼吸が聞こえます。

人間は元々、眠る時に相手の呼吸音を聞くと眠りにつきやすい傾向があると言われています。

そのため、一緒に眠ると心地よく眠りにつくことができるのだとか。

その他の理由については、次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

普通の犬とはちょっと違う犬→しかし、その見た目のお陰で幸せな生活を手にできた…!

アニマルシェルターの多くでは、病気や障害を抱えた動物が暮らしていています。 その中には、見た目が普通 …

親友の目が見えなくても変わらず仲良し!目の代わりになり、支え続けるワンちゃん同士の素敵な絆に心が洗われる・・・

アメリカのワシントン州でいつも一緒にいる仲睦ましいワンちゃんが2匹。 小さく白と茶色の毛が「ゼン」。 …

お腹丸出しで寝ていた猫を飼い主さんが「ベッドで寝んねしましょうね」と運んであげると…(笑)

猫ちゃんやワンちゃんは、ソファーやお気に入りのクッション、 飼い主さんの膝の上など色々なところでくつ …

1年以上家族を待ち続けた犬!その時間はあまりにも長く、心に深い傷を負っていた・・・

1年以上も家族を待ち続けていた犬!その時間はあまりにも長く、その結果犬は心に深い傷を負ってしまっていた…!詳細はこちら・・・

ひとりぼっちだった子猫を育てた犬!2年経っても変わらない絆の深さにほっこり・・・

ひとりぼっちだった子猫は保護された後、犬に育てられるように!2年経っても変わらない絆の深さにほっこり癒される・・・

PREV : パピーミルの悲惨な現状を社会に訴えるため1匹のチワワが自らの命を懸けて奔走した…!
交通事故によって植物人間になった6歳の少年!彼の前に現れた1匹の犬が起こした奇跡に涙・・・ : NEXT