Lenon


Lenonをフォローしよう!


ガンで寝たきりになった愛犬→台車を使って毎日散歩へ連れ出した時、奇跡が起きた…!


今から8年前、アメリカのフロリダ州にお住いのジョーイ・マクウェルさんが施設である犬と出会いました。

その犬はゴールデンリトリバーの捨て犬。

名前はマーベリックと言います。

前の飼い主の無責任な飼育放棄が原因で、森で3か月も彷徨っていたそうです。

出会った時は栄養失調でかなりやせ細っていたのですが、

その後持ち前のガッツと明るさでどんどん回復していきました。

そんなマーベックの新しい飼い主となったジョーイさん。

彼はその時元気になった愛犬を、

悲しい過去をものともしない強靭な精神力を持ち備わっていると褒め称えていました。

新しい家族ともなじんで幸せに暮らしていたマーベック。

しかし2年前、彼に大変な試練が…。

詳しい内容を次のページでご紹介いたします

daisya1

1
2


この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. 中澤 省ニ(セイジ) より:

    感動しました、物凄くいいですねー

  関連記事

「要求がある時」と「要求がない時」の態度の変化が露骨すぎる愛犬たち!

猫と違ってワンちゃんは、 「体調の悪い時以外はいつも元気はつらつ、飼い主さん大好きオーラが全開!」 …

大怪我を負って教会のポーチに倒れた子犬の状態は縮み上がるばかりだった・・・

皆さんは犬は好きですか? 猫派の人の中には、猫は好きだけど犬はあまりという人がいるかもしれませんが、 …

仲良くしていた野良猫がある日突然いなくなった!しかし保健所でその子によく似た猫の写真を発見し・・・

エリックさんの家の庭に、野良猫が姿を見せるようになりました。 その猫はどうやら空腹の様子だったのでか …

ギャングからの虐待によって半分失われた鳥のくちばしが3Dプリンタの技術で復活!

「オオハシ」という鳥をご存知でしょうか? 南米などに生息している大きく美しいくちばしが特徴の鳥です。 …

愛犬の死を目の当たりにした6歳の少年が動物の命が人より短い理由を答えた→その回答に涙が止まらない…!

犬は生後1年で人の年齢に換算すると約20歳に相当するようです。 たった1年でもう大人なのですね。 後 …

PREV : 「あっ、埼玉県警の白バイ!と思いきや埼玉県民かい…」間違ってはないのだが騙されちゃう・・・
覚えておくと非常時に助かる!?大根おろしでシワシワのお札がピン札になる方法はこちら…! : NEXT