Lenon


Lenonをフォローしよう!


スーパーで買ったウズラの卵を電気行火で孵化させた中学生は命の奇跡を学ぶ…!


千葉県松戸市に住む中学1年生の片岡優貴くん。

学校の自由研究として取り込んだのはうずらの卵の孵化でした。

市販の自動孵卵器を使わずに電気行火で温度管理を確認し、うずらの卵はスーパーマーケットで購入しました。

失敗に失敗を重ねながらも諦める事無く、ついに1ヶ月の取り組みの末、

見事に2羽のヒナを誕生させることに成功しました。

まだ12歳の優貴くんでしたが、このことによって命の大切さを知ることになりました。

その経緯を詳しく知りたい方は、次のページをご覧ください。


スポンサードリンク

1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ある女性が妹に引き取られたピットブルのビフォーアフター写真を見て思わず涙!

当然のことですが、犬や猫にも感情はあります。 飼い主に捨てられ、愛されていないときの表情とたくさんの …

子犬を捨てた許しがたい行為を目撃した人が元飼い主へ送った手紙の内容に考えさせられる…「今日美しい子犬を捨てたあなたへ」

ペットを飼うとき「最後まで面倒を見る」という大前提があります。 しかし身勝手な理由で捨てられてしまう …

気持ち良さそうにピットブルの厚い胸板で寝転ぶ赤ちゃん!この組み合わせは癒されます・・・

ピットブルは強い闘争心をも持ち、闘犬として活躍していました。 戦うために改良され、究極の闘犬とも呼ば …

老人ホームに現れた猫がみんなの優しさに触れて毎日通うようになった結果・・・

アメリカのシアトルにある老人ホーム“ベイビュー・リタイアメント・コミュニティ”に、 1匹の猫が現れま …

迷い子猫を保護し、生活を共にしていると…ヴァンパイアのような牙がニョキニョキ!

黒猫のモンク 二コールさんが帰宅しようと車を運転していると、1匹の黒猫が走り込んできました。 その猫 …

PREV : この4歳の女の子はこの日が誕生日!そのことを見知らぬおじいさんに伝えようと声をかけた結果・・・
ベルメゾンの冬用品という悪魔と出会ってはいけない!あっという間にダメ人間が出来上がる・・・ : NEXT