Lenon


Lenonをフォローしよう!


14匹の犬は体も心もボロボロで絶望しか漂っていなかった→そんな彼らが人間に尻尾を振ってくれるようになるまで…!


民家に14匹の犬

spca1

アメリカはテキサス州のエーブル・スプリングスでドックファイティング用の犬たちが隠れて飼育されていました。

動物虐待防止協会『SPCA』は、闘犬賭博を行っているという情報が流れた問題の民家に向かいました。

現地に到着すると、番犬として飼われていたとされる1匹のメス犬を発見しました。

この犬は闘犬には使われていなかったようですが、

充分な食事を与えられていないのが一目で分かるほどやせ細っていました。

しかも彼女の首には、その体に合わないほど太い首輪がつけられて重いチェーンが垂れ下がっていました。

そのせいですっかり衰弱しきっていました。

闘犬として飼育された他の13匹の犬たちも満足な食事や水を与えられず、

暑い日差しを遮るための屋根付きの小屋に繋がれていたのはほんの数匹だけでした。

spca2

果たしてこの犬たちの運命は?

気になる方は次のページをご覧ください。


スポンサードリンク

1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

これが噂の最新式監視カメラ!?思わず笑ってしまう猫の謎めいた行動8選をご覧ください…!

猫ちゃんって、たまによくわからない行動に出たりするのを見たことありませんか? 驚くほど狭いところにい …

前足がないハンデなんてへっちゃら!元気に走り回る生まれつき前足がない猫に心揺さぶられる・・・

みなさんがイメージする猫の姿はどのようなものでしょう。 すらりとした足、しなやかな体を持っていて、身 …

「この人は私のものよ!」人間の女性とハスキー犬のちょっと怖い1人の男性をめぐる争い!

お昼寝の番人 テレビドラマや漫画などで描かれることが多い「1人の男性を巡った女性たちの争い」。 今回 …

見た目のせいで命の危機にさらされていた猫!愛情をもらうために必要なことについて考えさせられる・・・

ポッサムの見た目 ポッサムを初めて見た人は、彼の外見に戸惑うかもしれません。 まだら禿げで灰色の毛皮 …

もうすぐ命が尽きる高齢のチンパンジーをかつての飼育員が訪ねた時、涙の溢れる再会となった…!

高齢チンパンジーのママ チンパンジーの雌、ママはヨーロッパのチンパンジーの中で最高齢でした。 そして …

PREV : 授業中に赤ちゃんをあやす大学教授→「気にせず連れておいで」と協力的な姿に多くの称賛の声!
ストリートミュージシャンを見つめる怪しい男性→この後の展開に拍手喝采! : NEXT