Lenon


Lenonをフォローしよう!


14匹の犬は体も心もボロボロで絶望しか漂っていなかった→そんな彼らが人間に尻尾を振ってくれるようになるまで…!


民家に14匹の犬

spca1

アメリカはテキサス州のエーブル・スプリングスでドックファイティング用の犬たちが隠れて飼育されていました。

動物虐待防止協会『SPCA』は、闘犬賭博を行っているという情報が流れた問題の民家に向かいました。

現地に到着すると、番犬として飼われていたとされる1匹のメス犬を発見しました。

この犬は闘犬には使われていなかったようですが、

充分な食事を与えられていないのが一目で分かるほどやせ細っていました。

しかも彼女の首には、その体に合わないほど太い首輪がつけられて重いチェーンが垂れ下がっていました。

そのせいですっかり衰弱しきっていました。

闘犬として飼育された他の13匹の犬たちも満足な食事や水を与えられず、

暑い日差しを遮るための屋根付きの小屋に繋がれていたのはほんの数匹だけでした。

spca2

果たしてこの犬たちの運命は?

気になる方は次のページをご覧ください。

1
2


この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

仕事を辞めたのも共に旅に出ることにしたのも、全てはこの1匹の猫と出会って人生が変わったからでした…!

都会で会社勤めをしている中で、単調なリズムになってはいないでしょうか。 朝起きて仕事へ行き、遅く帰っ …

自ら9羽のニワトリ達と共に小屋で暮らすことを選択した子猫の成長の軌跡!

今回ご紹介する子猫の名前は「キャラメル」といいます。 昨年の11月にアリソンさんの子供達がトランポリ …

犬の背丈ほど雪が降り積もり、動けなくなってしまった犬を助けたのは・・・!

動物たちが自分の仲間を助ける姿は、時に私たちに感動を与えます。 草食動物の子どもが肉食動物に狙われた …

ずっと引き取ってもらえずにいた耳のない老猫に”運命の”里親さんが現れる!

猫は大人になると、引き取り手が少なくなります。 まして老猫で障害があるとなおさらです。 ところが、猫 …

保護施設で暮らしていた20歳の老猫→迎え入れてくれた家族に最期のその時まで愛情を注ぎ注がれ尽くした…!

新しい家族を求めて… ある日、ジル・ウィリアムズさん一家が訪れたのは地元の動物保護施設。 その理由は …

PREV : 授業中に赤ちゃんをあやす大学教授→「気にせず連れておいで」と協力的な姿に多くの称賛の声!
ストリートミュージシャンを見つめる怪しい男性→この後の展開に拍手喝采! : NEXT