Lenon


Lenonをフォローしよう!


長年一緒だった愛猫とのお別れ→その後保護施設を訪ねると天国へと旅立った愛猫にそっくりな子猫が…!


アダムさんが保護施設で出会ったその猫は『モルダー』と言いました。

モルダーはニューヨークの路上で保護された子猫で結膜炎を患い、盲目になりかけていましたが、

保護施設での治療によって失明の危機を脱することができたのです。

moruda1

実はアダムさんとこのモルダーとの出会いには、運命的なものがあったのです。

気になる方はぜひ次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

あぁ、吸い込まれる…(笑)ユキヒョウの子どもがボール遊びに夢中になりすぎた結果・・・

猫といえば自由奔放で、ダンボールやボール遊びが大好きなイメージがありますよね。 猫がじゃれ合っている …

10歳の少年からひとりぼっちの子猫を託された新しい母猫!その後の子猫は・・・

10歳の少年はひとりぼっちの子猫を優しく抱きしめ、新しい母猫をへとその子猫を託した!その後の子猫の様子はこちら・・・

一緒に保護され、強い絆で結ばれている2匹のワンちゃん!凸凹コンビの夢は果たして?

一緒に保護されたこの2匹のワンちゃんはとても強い絆で結ばれています!凸凹コンビの夢は、果たして叶えられるのでしょうか?

母親に捨てられて犬と一緒に暮らし、いつしか犬化していったアライグマ!

アライグマのパンプキン バハマの首都ナッソーに住んでいるロージー・ケンプさんは、自宅の庭で1匹のアラ …

里親に引き取られるたびに謎の脱走を図ること計8回!この犬の行動の真意とは?

ガンビーの脱走癖 当時3~4歳だった犬のガンビーは、 サウスカロライナ州の路上でさまよっていた所を動 …

PREV : 『となりのトトロ』の衝撃事実!サツキとメイを送り届けた後のネコバスが示していた行き先とは?
世界で活躍するレディー・ガガは心も美しい!会見で贈答された着物に涙する・・・ : NEXT