Lenon


Lenonをフォローしよう!


大好きな人が川で溺れている!?助けに向かう子象の姿に動物と人間に絆は生まれることを痛感する…!


タイを象徴する動物といえば…

タイを象徴する動物と聞いて、多くの方が真っ先に思いつくのは『象』ではありませんか?

そうです!

タイという国は、象と古くから深い繋がりがあるのです。

タイ国民の多くが信仰している仏教は『象』と関わりが深く、

仏の悟りを開いたとされる仏陀(ブッダ)の化身は白い象という説もあるそうです。

またタイ国民の生活にも象は欠かせない存在とされており、昔は林業で飼育された象が活躍していましたが、

近年では観光客を背中に乗せて周遊する『エレファント ライディング』でタイの人々の生活を支えてきました。

奴隷のように…

タイ国民と切っても切り離せない深い繋がりがある象ですが、

『エレファント ライディング』が観光客の間で人気を博す一方で、そのしわ寄せは象達にきてしまっていました。

象は温和で優しい性格であり、また賢いため、人間と上手に共存してきました。

しかしながら人間達を背中に乗せて綱で引かれながら歩くのは、象にとって幸せな生き方なのでしょうか?

もちろん信頼できる人に飼育され、幸せに暮らす象もたくさんいるでしょう。

その一方で、象を収益の道具としてしか見ていない人間がいることも確かなのです。

そのように収益の道具として扱われていた象は体も心もボロボロになり、保護施設へとやってくるのです。

タイ・チェンマイには『エレファント ネイチャー パーク』という象の保護施設があります。

ある時、観光用として奴隷のように扱われてきた19頭の象が保護施設へとやって来ました。

その19頭の中にいたのは『Kham La』という最年少の子象です。

tomson1

まだ幼いKham Laにとって、保護施設から迎えにきて長い道程を共に歩んだ保護施設の職員、

ダリック トムソンさんは信頼できる大好きな人となりました。

次のページでは子象、Kham La のダリックさんへの愛情がよく分かる映像をご紹介致します。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

オオカミに魅了され、人間に自由を奪われた動物達のために立ち上がった男性の心揺さぶられる行動!

突然ですが、皆さんはオオカミはお好きですか? オオカミといえば、皆さんも一度は読んだ童話 『赤ずきん …

狭い窓に現れたシルエットからは考えられないような可愛い猫の顔にドキッ!

猫は狭いところが大好きです。 ドアの陰やベッドの下、カーテンの裏側などに隠れては飼い主さんを驚かすこ …

工場の機械で子猫が大ケガに見舞われた!みんなで必死に看病した結果・・・

ある日、工場でフォークリフトに挟まれて大けがをしている子猫が発見されました。 工員たちは大急ぎで動物 …

「虐待だなんて言わないで!」犬を飼っている人がみんなに知ってほしい病気や症状がこちら・・・

犬は4本の足で、元気に走り回っているからこそ幸せだと思っていませんか? しかし、病気や怪我でやむなく …

ママが掃除機をかけても日曜のパパのように微動だにしない柴犬!なんだこの謎に固い意思は!?

お休みの日のお父さんはリビングで横になったり、 パソコンの前に座り込んだりしてどうにもお掃除の邪魔な …

PREV : 母親に見捨てられた子鹿が人間の優しさに触れたことで再び家族の元に帰るまでの記録に心温まる…!
母親は生まれた赤ちゃんを見て死んでしまえばいいと思った→だが数年後、そう考えたことを後悔する…! : NEXT