Lenon


Lenonをフォローしよう!


大好きな人が川で溺れている!?助けに向かう子象の姿に動物と人間に絆は生まれることを痛感する…!


タイを象徴する動物といえば…

タイを象徴する動物と聞いて、多くの方が真っ先に思いつくのは『象』ではありませんか?

そうです!

タイという国は、象と古くから深い繋がりがあるのです。

タイ国民の多くが信仰している仏教は『象』と関わりが深く、

仏の悟りを開いたとされる仏陀(ブッダ)の化身は白い象という説もあるそうです。

またタイ国民の生活にも象は欠かせない存在とされており、昔は林業で飼育された象が活躍していましたが、

近年では観光客を背中に乗せて周遊する『エレファント ライディング』でタイの人々の生活を支えてきました。

奴隷のように…

タイ国民と切っても切り離せない深い繋がりがある象ですが、

『エレファント ライディング』が観光客の間で人気を博す一方で、そのしわ寄せは象達にきてしまっていました。

象は温和で優しい性格であり、また賢いため、人間と上手に共存してきました。

しかしながら人間達を背中に乗せて綱で引かれながら歩くのは、象にとって幸せな生き方なのでしょうか?

もちろん信頼できる人に飼育され、幸せに暮らす象もたくさんいるでしょう。

その一方で、象を収益の道具としてしか見ていない人間がいることも確かなのです。

そのように収益の道具として扱われていた象は体も心もボロボロになり、保護施設へとやってくるのです。

タイ・チェンマイには『エレファント ネイチャー パーク』という象の保護施設があります。

ある時、観光用として奴隷のように扱われてきた19頭の象が保護施設へとやって来ました。

その19頭の中にいたのは『Kham La』という最年少の子象です。

tomson1

まだ幼いKham Laにとって、保護施設から迎えにきて長い道程を共に歩んだ保護施設の職員、

ダリック トムソンさんは信頼できる大好きな人となりました。

次のページでは子象、Kham La のダリックさんへの愛情がよく分かる映像をご紹介致します。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

他の兄弟たちが体重650グラムだったのに対し、たった150グラムしかなかった子猫→弱々しい状態で保護されて3日後…!

猫は平均2~5匹、多い場合でも8匹の子どもを産みます。 その母猫が人間の監視下で出産をしたのなら、生 …

我が子と二度と会えなくなった母猫!子の遺灰を抱きしめる母性に溢れた姿に涙が溢れる・・・

アメリカのネバダ州での出来事です。 あるお宅の庭でオフィーリアと名付けられる母猫が、5匹の子猫を生み …

視力を失っていた犬の目が見えるようになり、飼い主の顔を目にした時の反応に胸が熱くなる…!

最近では、視力が悪い人でもレーシックの手術をすることで、視力を回復することができます。 あるワンちゃ …

幼い頃、人間に助けられたメスライオンがとった美しい仕草が感動的だと話題に…!

ドイツ出身のヴァレンティンさんは、幼い頃から猫が大好きでした。 ケガをした猫を見付けると見捨てること …

16歳の少女が発見した子犬は血に濡れた状態で捨てられていた!さらにその近くあったビニール袋には考えられないものが・・・

ドイツで暮らしている16歳の学生のアリシアちゃんが、 学校に向かう途中に塀の向こうから犬の鳴き声がか …

PREV : 母親に見捨てられた子鹿が人間の優しさに触れたことで再び家族の元に帰るまでの記録に心温まる…!
母親は生まれた赤ちゃんを見て死んでしまえばいいと思った→だが数年後、そう考えたことを後悔する…! : NEXT