Lenon


Lenonをフォローしよう!


大好きな人が川で溺れている!?助けに向かう子象の姿に動物と人間に絆は生まれることを痛感する…!


タイを象徴する動物といえば…

タイを象徴する動物と聞いて、多くの方が真っ先に思いつくのは『象』ではありませんか?

そうです!

タイという国は、象と古くから深い繋がりがあるのです。

タイ国民の多くが信仰している仏教は『象』と関わりが深く、

仏の悟りを開いたとされる仏陀(ブッダ)の化身は白い象という説もあるそうです。

またタイ国民の生活にも象は欠かせない存在とされており、昔は林業で飼育された象が活躍していましたが、

近年では観光客を背中に乗せて周遊する『エレファント ライディング』でタイの人々の生活を支えてきました。

奴隷のように…

タイ国民と切っても切り離せない深い繋がりがある象ですが、

『エレファント ライディング』が観光客の間で人気を博す一方で、そのしわ寄せは象達にきてしまっていました。

象は温和で優しい性格であり、また賢いため、人間と上手に共存してきました。

しかしながら人間達を背中に乗せて綱で引かれながら歩くのは、象にとって幸せな生き方なのでしょうか?

もちろん信頼できる人に飼育され、幸せに暮らす象もたくさんいるでしょう。

その一方で、象を収益の道具としてしか見ていない人間がいることも確かなのです。

そのように収益の道具として扱われていた象は体も心もボロボロになり、保護施設へとやってくるのです。

タイ・チェンマイには『エレファント ネイチャー パーク』という象の保護施設があります。

ある時、観光用として奴隷のように扱われてきた19頭の象が保護施設へとやって来ました。

その19頭の中にいたのは『Kham La』という最年少の子象です。

tomson1

まだ幼いKham Laにとって、保護施設から迎えにきて長い道程を共に歩んだ保護施設の職員、

ダリック トムソンさんは信頼できる大好きな人となりました。

次のページでは子象、Kham La のダリックさんへの愛情がよく分かる映像をご紹介致します。

1
2


この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「一緒に暮らそう…」飼い主と死別した猫は保護施設で訪問者に手をかざし続けた→すると・・・

どんな時も悲しい別れというのはつきものです。 このお話の主人公の猫も最愛の飼い主さんの死に出会い、 …

ガンを患い、余命6ヶ月に…もうすぐお別れとなる愛犬の飼い主が考えた「死ぬまでにやりたいことリスト」に涙が止まらない…!

愛犬ジゼルのガン アメリカ・ニューヨーク州マンハッタンに住む旅行作家のローレンさんは、イングリッシュ …

楽器にスッポリと収まった猫さん!とりあえず吹いてみた結果・・・(笑)

猫は本当に狭い場所が好きです。 箱の中や洗濯物の中、「鍋猫」「袖猫」という猫さん達も現れました。 こ …

荒地に捨てられた2匹の子犬を助けたのはたまたま通りかかったイカつい感じの兄弟!人は見かけによりません・・・

アメリカに住んでいるブリッグスさんとクリスさん兄弟は、 一見するとコワモテな面持ちの兄弟です。 しか …

体重20キロ超えの抱っこが大好きな赤ちゃんわんこ!しかしその体重ゆえ、抱っこからの卒業を促されると・・・

体重20キロの赤ちゃんわんこ 赤ちゃんと聞くと、「小さくてふにゃふにゃで抱っこ!」という感じのイメー …

PREV : 母親に見捨てられた子鹿が人間の優しさに触れたことで再び家族の元に帰るまでの記録に心温まる…!
母親は生まれた赤ちゃんを見て死んでしまえばいいと思った→だが数年後、そう考えたことを後悔する…! : NEXT