Lenon


Lenonをフォローしよう!


大好きな人が川で溺れている!?助けに向かう子象の姿に動物と人間に絆は生まれることを痛感する…!


タイを象徴する動物といえば…

タイを象徴する動物と聞いて、多くの方が真っ先に思いつくのは『象』ではありませんか?

そうです!

タイという国は、象と古くから深い繋がりがあるのです。

タイ国民の多くが信仰している仏教は『象』と関わりが深く、

仏の悟りを開いたとされる仏陀(ブッダ)の化身は白い象という説もあるそうです。

またタイ国民の生活にも象は欠かせない存在とされており、昔は林業で飼育された象が活躍していましたが、

近年では観光客を背中に乗せて周遊する『エレファント ライディング』でタイの人々の生活を支えてきました。

奴隷のように…

タイ国民と切っても切り離せない深い繋がりがある象ですが、

『エレファント ライディング』が観光客の間で人気を博す一方で、そのしわ寄せは象達にきてしまっていました。

象は温和で優しい性格であり、また賢いため、人間と上手に共存してきました。

しかしながら人間達を背中に乗せて綱で引かれながら歩くのは、象にとって幸せな生き方なのでしょうか?

もちろん信頼できる人に飼育され、幸せに暮らす象もたくさんいるでしょう。

その一方で、象を収益の道具としてしか見ていない人間がいることも確かなのです。

そのように収益の道具として扱われていた象は体も心もボロボロになり、保護施設へとやってくるのです。

タイ・チェンマイには『エレファント ネイチャー パーク』という象の保護施設があります。

ある時、観光用として奴隷のように扱われてきた19頭の象が保護施設へとやって来ました。

その19頭の中にいたのは『Kham La』という最年少の子象です。

tomson1

まだ幼いKham Laにとって、保護施設から迎えにきて長い道程を共に歩んだ保護施設の職員、

ダリック トムソンさんは信頼できる大好きな人となりました。

次のページでは子象、Kham La のダリックさんへの愛情がよく分かる映像をご紹介致します。

1
2



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

竜巻の被害状況を中継していたレポーターが目にした光景に笑いが止まらず、中継が途切れ・・・

竜巻による被害は家の屋根が飛んで行ってしまったり、車が飛ばされたりと壮絶なものです。 そんな竜巻は突 …

人間を警戒していたけど本当はずっと寂しかった…たっぷり甘えてくれた野良犬の姿に涙が止まらない・・・

ペット大国のアメリカ。 幸せに暮らすペットがいる一方で多くの野良犬が殺処分されます。 そのような不幸 …

空き缶に頭がすっぽり収まって抜けなくなってしまった子ギツネ→通りかかった男性が助けた結果・・・

空き缶が抜けず、もがく子ギツネ! 落ちていた空き缶に顔を突っ込んでしまった様子の子ギツネ。 そこへあ …

少し驚かそう思っただけなのに…子犬にイタズラで軽く一鳴きしたらとんでもない事態に!

天気の良い日に公園に出かけると、小さな子供達が夢中で遊んでいるのを目にします。 とても可愛らしく、思 …

スピスピと悲しげに鳴いている愛犬の様子を見に行った→なぜワンちゃんにサイドカーが付いている!?

ワンちゃんや猫ちゃんは一人遊びをしているとき、たまに飼い主さんが 「どうしてこんなことになったの?」 …

PREV : 母親に見捨てられた子鹿が人間の優しさに触れたことで再び家族の元に帰るまでの記録に心温まる…!
母親は生まれた赤ちゃんを見て死んでしまえばいいと思った→だが数年後、そう考えたことを後悔する…! : NEXT