Lenon


Lenonをフォローしよう!


毎晩せっせと日替わりでおもちゃを寝床に持ってくるワンちゃんから癒しをもらおう!


アメリカのオハイオ州に、キム・ダウニーさんがゴールデンレトリーバーのモヒート・ローズと暮らしていまうす。

そのローズが毎夜、寝床にせっせとおもちゃを運んでいる様がとっても可愛くて癒されると話題になっています。

しかも持ちこむおもちゃは毎日変わり、その様子にほっこりと和まずにはいられません。

好奇心旺盛

ローズの寝床は2階にあり、おもちゃを加えてせっせと階段を上り、運んでいます。

しかも、1年半ほども違うおもちゃを寝床に運んでくるのです。

キムさんはローズがおもちゃを運ぶ姿を見て、「癒される」とInstagramに公開してくれました。

その一コマをどうぞ。

ローズ本人は当たり前のことをしているのでしょう。

表情が至って普通なのが微笑ましいです。

骨を2本も加えていますね。

欲張りさんです。

この真面目な表情、とっても良いですね。

持ちやすい場所をしっかり噛んでいますね。

1年半ともなると、述べ約550個も運んでいることになります。

寝床はどうなってしまうのでしょうか!?

ちなみにキムさんは犬猫のグッズのショップで毎月購入しているため、

たくさんの種類のおもちゃがあるのだそうです。

そうなると、ローズのおもちゃ運びもたいそう捗ることでしょう。

ローズはまだまだ運びます。

続きは次のページにてご覧ください。

1
2



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

極度の肥満が原因で飼い主に捨てられた猫!1年間に及ぶダイエットの結果・・・

可愛いペットにおやつをねだられたら、ついつい与えたくなりますよね。 しかしその甘やかしがペットの肥満 …

原因不明の病魔に侵された愛犬に、飼い主は安楽死を決断→その時発見された耳の裏に小さな塊の正体とは!?

日に日に衰弱していくオーリー シェットランドシープドッグのオーリーは、アメリカのオレゴン州にアルさん …

虐待で目も耳も使えないピットブル→それでも 人間が好きで共に生きたいと願った…!

ある日のこと。 鎖につながれたピットブルを動物保護団体の職員さんが見つけました。 彼の名前は、『ノー …

引退した盲導犬が11年ぶりに元飼い主と再会→子犬の頃に戻り、甘える姿に涙が止まらない…!

皆さんは「パピーウォーカー」を知っていますか? 盲導犬候補の子犬を役10ヶ月間家族の一員として迎え、 …

優しくてかわいい!男の子は寄ってきた子犬を1匹残らずみんな抱っこしてあげたいのです(笑)

小さな男の子が、芝生の上に座っています。 そこにモコモコした柴犬の子犬たちがやって来ました。 子犬た …

PREV : 職人の母が語る「タダで技術をたかろうとする人」に対する超正論な考えをご覧ください!
「綺麗な日本語が使える様になってから働け!」コンビニで働く留学生に年配男性がこう言った時、高校生はこう言い放った…! : NEXT