Lenon


Lenonをフォローしよう!


南極でゴロゴロしていたら子ペンギンが近づいてきた→好奇心旺盛な様がかわいい!


地球上で一番過酷な大地と言われている南極。

人間はここで生きて行くことができません。

いるのは研究目的で訪れている科学者と関係者、旅行などの一時的な滞在者だけではないでしょうか。

フランスのドキュメンタリー映画『皇帝ペンギン』(2005年)やネイチャー番組を見た方はおわかりだと思いますが、

南極の環境はあまりにも厳しすぎます。

このような土地で、ペンギンの子どもと人間がふれあうなんて想像できますか?

ところがいたのです。

アメリカのジョエル・オルソンという方が、まるで友達のように子どもペンギン達とふれあいました。

南極旅行

pengin1

昔は考えられませんでしたが、現代では南極へも旅行に行けるそうです。

それでも手続きや装備が大変ですし、そうそう気楽に行ける場所ではありません。

そのような辺境地へ、アメリカのジョエル・オルソンさんは友人と一緒に旅行へやって来ました。

大迫力の氷河を目の当たりにし、大きなゾウアザラシも見ましたが、

その中でも一番の思い出になった事があります。

「ねえ、何の生き物なの?」

pengin2

南極には雪や氷がない露岩地域があります。

そこで寝そべり、南極の日光浴をしていたオルソンさんを、のぞき込む可愛らしい生き物が!

それはペンギンのヒナでした。

pengin3

人間を見た事がないのでしょう。

警戒するどころか寄ってきます。

さてこの後、子ペンギンはどのような行動にでるのでしょう。

楽しい映像は次のページにてご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

郵便屋さんの仕事中でのワンちゃんとの小さな楽しみによって生まれたほっこりする関係…!

毎日、郵便を届けてくれる郵便屋さん。 暑い日も寒い日もどんな時も郵便物をとどけてくれますね。 これは …

立ち寄ったコンビニでお店から猫が登場!近づいたら大きな声で話しかけられた(笑)

ある方がコンビニに立ち寄ろうとしたところ、そのお店から猫が登場!近づいてみると、大きな声で話しかけられました(笑)

猫の飼い主へ病院側が去勢手術に関するお願い事→その内容に思わず笑った!

猫や犬を飼うときに考えることが去勢、または避妊手術です。 大抵の動物病院は、ペットがまだ子どものうち …

皮膚の疾患が原因で飼育放棄された兄弟犬が預けられた施設で直面した運命とは…?

皮膚の疾患が原因で、元の飼い主に飼育放棄された兄弟犬!預けられた施設で、彼らを待ち受けていた運命とは?詳細はこちら・・・

悲しそうな顔をした両耳のない子猫を保護し、回復することを願って愛情を注ぎ続けた結果・・・

悲しそうな表情を浮かべた、両耳のない子猫を保護!将来回復して元気になってくれることを願って愛情を注ぎ続けた結果・・・

PREV : 女子高生のスカートに犯罪の手が忍び寄る→でもこれを見た手の主はその手を引っ込めた…!
危機一髪!最も危険なサメと言われるホオジロザメがケージを破壊して侵入した結果・・・ : NEXT