Lenon


Lenonをフォローしよう!


南極でゴロゴロしていたら子ペンギンが近づいてきた→好奇心旺盛な様がかわいい!


地球上で一番過酷な大地と言われている南極。

人間はここで生きて行くことができません。

いるのは研究目的で訪れている科学者と関係者、旅行などの一時的な滞在者だけではないでしょうか。

フランスのドキュメンタリー映画『皇帝ペンギン』(2005年)やネイチャー番組を見た方はおわかりだと思いますが、

南極の環境はあまりにも厳しすぎます。

このような土地で、ペンギンの子どもと人間がふれあうなんて想像できますか?

ところがいたのです。

アメリカのジョエル・オルソンという方が、まるで友達のように子どもペンギン達とふれあいました。

南極旅行

pengin1

昔は考えられませんでしたが、現代では南極へも旅行に行けるそうです。

それでも手続きや装備が大変ですし、そうそう気楽に行ける場所ではありません。

そのような辺境地へ、アメリカのジョエル・オルソンさんは友人と一緒に旅行へやって来ました。

大迫力の氷河を目の当たりにし、大きなゾウアザラシも見ましたが、

その中でも一番の思い出になった事があります。

「ねえ、何の生き物なの?」

pengin2

南極には雪や氷がない露岩地域があります。

そこで寝そべり、南極の日光浴をしていたオルソンさんを、のぞき込む可愛らしい生き物が!

それはペンギンのヒナでした。

pengin3

人間を見た事がないのでしょう。

警戒するどころか寄ってきます。

さてこの後、子ペンギンはどのような行動にでるのでしょう。

楽しい映像は次のページにてご覧ください。

1
2



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「ねぇねぇ、僕にも見せてよ!」カメラマンが何を撮っているのか気になる15匹の野生動物たち

怖い距離感 野生の動物を写真に収めるためにファインダーを見つめるカメラマン。 そんなカメラマンに近づ …

「この子のそばに居たいの!」離されても赤ちゃんにピッタリ寄り添い続けようとする猫にほっこり・・・

猫の母性本能は非常に強く、それは我が子だけではなく他の子猫、 または他の動物にも愛情を注ぐほどなのだ …

家に帰った兵士を出迎える耳もほとんど聴こえない老犬!もう一度あえた瞬間に涙が止まらない・・・

ワンちゃんを飼ったことがある人なら経験があると思いますが、 1日でも家をあけると帰ってきたときの喜び …

癒されたい人必見!赤ちゃん動物たちの、天使のような愛くるしい姿をご堪能あれ・・・

可愛い女性でも太刀打ち不可能!? 「可愛い」と感じる対象は人それぞれです。 女性を見て「可愛い」と感 …

何かに怯えて吠え続けるコーギー→その理由と仕草がなんともかわいい!

その行動で私たちを癒してくれるペットたち。 そんなペットの行動も、「一体どうして?」と思わざるをえな …

PREV : 女子高生のスカートに犯罪の手が忍び寄る→でもこれを見た手の主はその手を引っ込めた…!
早朝4時、辺りは猛吹雪→少女が乗せられた見知らぬ男性のトラックが向かう先には感動の展開が待っていた…! : NEXT