Lenon


Lenonをフォローしよう!


家族と離れ離れになってしまった子犬と子猫→同じ境遇の2匹が出会った結果・・・


アメリカのバージニア州にある動物保護施設「SVASC」に、母親と離れ離れになった一匹の子猫がやってきました。

保護されたばかりの子猫は、寂しそうにケージの中でずっと丸まっていました。

それを見たスタッフたちは、ちょうど退院して戻ってきた子犬を合わせてみました。

この子犬もまた、実は子猫と同じ境遇だったのです。

koritu

二匹を同じケージに入れてしばらく観察すると、 お互いがお互いに匂いを確かめ合うようになりました。

そして二匹はすぐ仲良くなり、心温まる時間が流れ始めました

そんな二匹の事をもっと知りたい方は、 次のページをご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

引退した盲導犬が11年ぶりに元飼い主と再会→子犬の頃に戻り、甘える姿に涙が止まらない…!

皆さんは「パピーウォーカー」を知っていますか? 盲導犬候補の子犬を役10ヶ月間家族の一員として迎え、 …

瀕死の状態だったウサギとハト→同じ一人ぼっちという境遇だったからこそ絆が生まれ、奇跡を起こしました…!

生後間もなく孤児となってしまい、瀕死状態にだったウサギの赤ちゃんとハトの赤ちゃん。 しかし、二羽を保 …

シェルターで1人寂しく暮らしていた犬が1枚の写真とネットの力によって運命的な出会いを手にする!

絶望するフランク ボルチモアのシェルターで、フランクという名前の1匹の犬が人生に絶望していました。 …

通学途中に16歳の少年が見つけた不思議な生き物→14日後その生き物は裂け、色彩豊かな光の揺らめきに姿を変える…!

少年が見つけた小さなイモムシ Tumbleに投稿された、小さなイモムシを手に這わせている一枚の写真。 …

どん兵衛ハウスで暮らしていたツバメの雛たちにいよいよ巣立ちの時期がやって来ました…!

ツバメが巣を作るとその家は繁盛する、という昔からの言い伝えがあります。 田畑の害虫を食べてくれるツバ …

PREV : 「いじめられる側にも問題がある」と言う人に対する、15歳になったはるかぜちゃんこと春名風花の想いに考えさせられる…!
女子高生のスカートに犯罪の手が忍び寄る→でもこれを見た手の主はその手を引っ込めた…! : NEXT