Lenon


Lenonをフォローしよう!


子猫が頑張って近づいてくれたがなぜか何度もつまずいていた→女性が心配になって拾い上げると…!


何度もつまづく子猫

約1年前のこと。

動物病院の看護師であるブリアナ・ウオーカーさんは、愛犬といつもの散歩に出かけました。

すると、庭のポーチに小さな子猫がいるではありませんか。

toddo1

子猫はブリアナさんに気がついても怖がる様子はありませんでした。

それどころか、真っ直ぐにブリアナさんの方に向かってきました。

しかし、どうも様子がおかしい。

途中で何度もつまづいてなかなか前に進むことができません。

toddo2

ブリアナさんは愛犬を家の中に入れ、すぐに子猫の元に戻ってきました。

子猫を抱き上げて良く見ると、右の後ろ足を骨折していることがわかりました。

ブリアナさんはすぐに職場に連絡し、これから怪我をした子猫を連れて行くと連絡しました。

toddo3

さて、子猫はこれからどうなるのでしょう。

気になる方は是非次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

指パッチンのフリだけで怒り爆発の猫の前で、本当に指パッチンをした結果・・・

指パッチンが嫌いな猫さん こちらの猫さん、どういうわけか飼い主さんの指パッチンに対して並々ならぬ怒り …

足が3本しかない保護猫を救ったのは、1匹の同じように保護された猫だった・・・

コリアンダーとローズマリー コリアンダーという猫は、フラフラと道端で歩いていた所を発見され、 動物サ …

洪水が発生した地域で置き去りにされた飼い犬たちの画像から飼い主への批判殺到!

大洪水 今回ご紹介するのは、洪水が起こった地域の動物達についてのお話です。 まずはこちらの写真をご覧 …

トランクから「こんにちワン!」一緒に乗りたくなる顔を出した可愛いワンちゃんたち7連発!

みんなニコニコ! ワンちゃんが同乗している車を時々見かけますが、 乗り込みたくなるほど可愛いお顔を覗 …

動物園という地獄の中で生きるホッキョクグマの様子を写真家は呆れながら撮影した…!

動物園のホッキョクグマ ホッキョクグマは本来、北アメリカ大陸北部やユーラシア大陸、北極圏を生息地とし …

PREV : 皮膚はボロボロ、毛も抜け落ちてひどい痛みに苛まれていた犬→見違えるほどの回復に心震える…!
ストーブの暖かさが待ち遠しい動物たち9選!でもそれは来月からなんだ・・・ : NEXT