Lenon


Lenonをフォローしよう!


ホスピスで最期が近づくおばあさんの最後の願いは子猫を抱きしめること!願いの行方は・・・?


「グローブス・コミュニティ・ホスピス」で暮らすキャロルさん。

病気と高齢のため、最期の時までホスピスでゆっくりと暮らしていました。

ある日、ホスピスのスタッフがキャロルさんに「なにか欲しいものはある?」と尋ねました。

するとキャロルさんはこのように答えました。

「もう一度子猫を抱きたい」

それを聞いたホスピスのスタッフはキャロルさんの願いをかなえるため、

「グレートプレーンズSPCA」という地元の保護団体に相談しました。

おばあさんの願いは叶ったのか?

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

まるで両津勘吉そっくり(笑)ごっつい顔を持つブユムシクイはつながり眉毛の可愛い小鳥!

あの『こちら葛飾区亀有公園前発出所(以下、こち亀)』の主人公、 両津亀吉にそっくりな鳥がいるそうです …

車にひかれた犬を助けるため、運転手がバスを止めて乗客全員にお願いした事とは?

コロンビアのボゴタという街で起きた感動的な出来事をご紹介いたします。 ボゴタの街を走るバスのドライバ …

盲導犬のうっかりミスに50万人以上の人が「これは仕方ない」と思った理由がこちら(笑)

障害者を支える盲導犬が、盲導犬らしからぬうっかりミス!しかし50万人以上の人がこれは仕方ない」と思った理由がこちら(笑)

ボロボロの体で衰弱仕切っていた犬と海外旅行中に出会った女性→放っておけないと感じて保護をすると決断し…!

海外旅行で家族とギリシャのクレタ島を訪れていたキアラ・アイゼンドールンさんは、 島でドライブをしてい …

窓の小鳥を集中して狙いすぎた猫たちに起きた悲劇をご覧ください・・・

窓の向こうに小鳥を発見した猫たち!とてつもない集中力で狙い澄ますも、集中しすぎで思わぬ悲劇に見舞われることに・・・

PREV : この生まれたばかりの赤ちゃんは地中20センチの所に生き埋めにされていた!それだけでなく、体には目を疑いたくなるものが・・・
トルコの一部地域でしか咲かない黒い薔薇の花言葉は「決して滅びることのない愛」! : NEXT