このポニーは見捨てられ、生きているのに体に蛆が侵食していた→救出後の姿は素晴らしくイキイキしている! | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


このポニーは見捨てられ、生きているのに体に蛆が侵食していた→救出後の姿は素晴らしくイキイキしている!


ポニー

ウエストヨークシャーというイギリスの北に住むクロエ・アトキンスさんは、

柵に囲まれた草原の近くを車で運転中、草を食べている数頭のポニーに出会いました。

そのうちの一頭は後ろ足を道路の方に向けて立っていました

poni1

クロエさんはこのポニーを見て、車を停車させました。

このポニーは恐ろしく痩せていただけでなく、背中の毛が剥がれて赤くなっていたのです。

クロエさんはいきなりのことでかなり驚きました。

しかしクロエさんはすぐに、

見捨てられた馬の救出を専門とする団体『World Horse Welfare』に連絡を取りました。

弱り切ったポニー

団体のメンバーの一人であるサラ・タッカーさんは、すぐに現場に駆けつけました。サ

ラさんが様子をよく見ようと慎重にこのポニーに近づくと、ポニーが置かれている状況が分かってきました。

サラさんによるとこのポニーの方に歩いて行くとすぐ、

何かに感染しているような腐ったような匂いがしたそうです。

そして、ポニーの背中には傷がありました。

ポニーは立ち上がって歩き去ろうとしましたがとても弱っていて、

よく見てみると皮膚にはウジムシがたかっていました。

迷っている暇はないと判断したサラさんは、すぐにこのポニーを獣医の元に連れて行きました。

獣医によると、このポニーはあと数日発見が遅かったら手遅れというほど、

ギリギリのところでの発見だったとのことです。

バギーのその後

このポニーはWorld Horse Welfareに運ばれ、回復するまで馬屋で飼育されることになりました。

そしてこのポニーはバギーと名付けられました。

poni2

傷跡は完全に治っていましたがバギーはまだとても痩せていて、

健康な状態まで体を戻すにはまだ時間がかかるといいます。

そして、バギーは新しい家を見つけなければなりません。

poni3

現在のバギーは、あの日草原でクロエさんが見た時と違ってとてもイキイキとしています。

これからはバギーには元気で健やかな生活を送ってもらいたいですね。

出典:rumble

【関連記事】

リオ五輪の本番3日前に愛馬の顔が腫れ上がってしまった→当日、観客とカメラが見守る中で馬主が下した決断に数百万人が涙した…!

猫のお父さんは馬!?種族を超えた親子の姿に心揺さぶられる・・・

5匹の子ネコに大人気なミニ馬→しかし、その人気に嫉妬心だだ漏れの動物が…爆笑の動物劇場!

感動!最後の別れを告げるために病院に来た馬「おじいさん、今までありがとう。」

人と犬に襲われかけて悲鳴をあげたキツネ→その場へ人が飛び込み、命の危ない動物を抱え込んだ…!

 



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

信仰よりも溺れた犬の命を優先させ、感動を呼んだ男性の勇気ある行動とは?

日本人は、あまり宗教上のルールに縛られて生活する人は少ないと思います。 しかし海外では、宗教上食べて …

母ゾウは自分がもう朝を迎えられないことを知っていた!彼女に赤ちゃんゾウがとった行動に保護管理人は涙が止まらなかった・・・

皆さんはゾウを見たことがありますか? 子どもの時に動物園でゾウを見たことがあるという人が多いことだと …

海に浮かぶ「それ」を発見したカップル→そこから一生忘れられない体験が始まった…!

夏のレジャーといえば山でキャンプや河原でバーベキューに海水浴など、 友人や家族とワイワイと盛り上がる …

室内で飼っている猫が万が一脱走してしまったら!専門家も推奨する探し方、防止策がすごすぎる・・・

猫の飼い方は時代と共に変わっています。 昔は家の中と外を行き来する猫が多かったのですが、最近は室内飼 …

置き手紙によるとこの18歳の老猫は「最善の方法」の下に飼い主に捨てられていた→保護施設のスタッフは必ず里親を見つけると決心する…!

ある日の朝、動物の保護施設である「カーショー郡動物愛護協会」の前に1匹の黒い老猫が現れました。 老猫 …

PREV : ガンズの名曲を尺八で→尺八奏者によるカバーに本人も公式Facebookで「すげえ!」と驚嘆…!
簡単なのに効果絶大!自転車大国オランダでドア衝突事故が激減した理由とは? : NEXT