Lenon


Lenonをフォローしよう!


野良猫は足の骨が折れていた!でもいつもお世話してくれていた信頼できる男性がいたから10日後・・・


人と猫が出会うきっかけは、どこにあるか分らないものです。

ペットショップやブリーダーさんから好みの猫をお金で買うのではなく、

偶然巡りあった時はその猫と運命を感じませんか?

ある猫好きの方が、いつも近所で野良猫の世話をしていました。

いくら動物好きと言っても飼える数には制限がありますから、

その方は猫たちを平等に可愛がっていて、大勢の猫から自分のペットとして選ぶことは出来なかったと思います。

そこに、一匹の子猫がうずくまっているのに気がつきました。

さて、この方はどのような行動をとったのでしょう?

前足がブラブラ

ロビンさんは、いつも家の近くで野良猫の世話をしていました。

ある日、ぐったりとしている子猫をみつけたのです。

ロビンさんが近寄ると、子猫は鳴きながらロビンさんの方へ近づいてきました。

robin1

前足をブラブラさせて、訴えかけているようです。

この子猫は何回か見かけたことのある子猫。

助けを求めているのに放っては置けません。

ロビンさんは子猫を抱き上げて動物病院へ向かいました。

この子猫は一体どうなるのでしょう。

結末は次のページにてご覧ください。

1
2


この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

猫の鳴き真似をしながら近づくオウムとドン引きしちゃった猫たち→果たしてオウムは仲間になれるのか!?

猫たちが猫会をしていると、 「にゃーん、にゃーん」と何かが近づいてきます…。 その声の主は猫…、 で …

そうじゃないと気づいておくれ…!使い方を勘違いしているペットたち10選(笑)

私たち人間と暮らすペットたち。 彼らには人とは違う物の使い方があるようです。 それでは、動物たちなら …

ゴールデンレトリバーと茶トラ猫の成長の軌跡!その絆は親子を超えているかも…?

ゴールデンレトリバーの「Keelo」と茶トラ猫の「Koda」は、 Kodaが小さい子猫だった頃からず …

ギャングからの虐待によって半分失われた鳥のくちばしが3Dプリンタの技術で復活!

「オオハシ」という鳥をご存知でしょうか? 南米などに生息している大きく美しいくちばしが特徴の鳥です。 …

「ありがとう」を伝えたいカラス…4年間餌を与えてくれた純真な少女へ恩返し!

カラスといえば嫌われ者、厄介者なイメージです。 そんな彼らに餌をあげ続けた少女がいました。 餌やりを …

PREV : 簡単なのに効果絶大!自転車大国オランダでドア衝突事故が激減した理由とは?
この生まれたばかりの赤ちゃんは地中20センチの所に生き埋めにされていた!それだけでなく、体には目を疑いたくなるものが・・・ : NEXT