Lenon


Lenonをフォローしよう!


鎖に繋がれ、飼育放棄されていたピットブルは4年間ずっと独りぼっちだった・・・


ペットの最期までその命を預かる覚悟がなくて、ペットを飼う人が多いのには驚きます。

なぜ、こんな無責任な人がペットを飼うのでしょうか?

無責任な飼い主によって、悲しい最期を迎えなければいけないペットの話が後を絶ちません。

ペットは物ではありません。

いなくなったから捨てるということはできません。

ペットを飼うことは、飼い主がペットの命を預かることなのです。

その覚悟のない人は、ペットを飼うべきではないでしょう。

chance

今回も悲しいお話がアメリカから届きました。

4年間も鎖につながれたままだったピットブルの、心痛むお話です。

彼の辛いお話は、次のページで詳しくお伝えいたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

建設現場に巨大な化け物!あまりのデカさに誰もが死ぬほどショックを受けました・・・

1億7,000前の地球には、約600種もの恐竜が生息していました。 そのような光景は映画『ジェラシッ …

人間を拒絶し、威嚇し続けたことで誰も引き取ってくれなかった猫!ある女性との出会いで7ヶ月後、心に変化が・・・

ある野良猫が、自分の子供たちと一緒に保護されました。 野良猫は人に対しての警戒心が強いものですが、 …

女性は目の前にホームレスの男性を見かけたが気にせず車を走らせようとした→しかしボール紙に書かれた言葉を見て急ブレーキを踏まずにはいられなかった…!

皆さんは犬は好きですか? 犬は元気で活動的で、一緒に散歩したり遊んだりするのがすごく楽しくて良いです …

ジャングルの山火事から決死の子猫救出劇→でも明らかに普通の子猫と違っていた!実は・・・

ある日、グアテマラの野生動物レスキューチームがジャングルの山火事から1匹の子猫を救出しました。 近く …

シェルターで1人寂しく暮らしていた犬が1枚の写真とネットの力によって運命的な出会いを手にする!

絶望するフランク ボルチモアのシェルターで、フランクという名前の1匹の犬が人生に絶望していました。 …

PREV : 40年前、1975年当時の日本の食事を4週間食べ続けた結果、驚くべきことが発覚した…!
香川照之が自分の夢を実現→凄まじい昆虫愛とマニアックぶりで昆虫番組を始める…! : NEXT