Lenon


Lenonをフォローしよう!


この子猫は母猫に捨てられ、死ぬ寸前にまで追いやられていた→奇跡へと導いたのはなんと別の母猫だった…!


近頃、温暖化の影響なのか世界中でスーパー台風レベルの嵐が頻繁に発生しています。

住宅の崩壊、河川の氾濫、道の崩落など、私たちの見慣れている景色を一変させてしまいます。

しかし、このような悲劇はニュースで報道されているものばかりではありません。

嵐の後に、小さな命がどれだけ奪われているのか、私たちは知らずに過ごしているかもしれません。

ある暴風の後に、小さな子猫が瀕死の状態で発見されました。

それは、見るも無惨な光景です。

この子はこの後、どうなってしまうのでしょう。

瀕死の子猫

taifuu1

この男性は暴風雨が過ぎ去った後、外へ散歩に出かけたそうです。

男性は道で何かを発見しました。

そこにいたのは、すでに息が絶えていると思われる子猫でした。

taifuu2

目やおへそには、ナメクジのような生き物が張り付いています。

ナメクジは植物だけではなく、腐敗した肉や魚も餌にするので、この子猫は死んだものとされたのでしょう。

でも男性は、この無惨な子猫を拾い上げ、虫をとってあげたのです。

すると、かすかに息をしていました。

この虫にも死んだと思われた子猫はどうなるのでしょうか。

気液の結末は、次のページにてご覧ください。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

虐待を受けて全身を紫色に染められた子猫!ボロボロな状態で保護されるも、そこで素敵な親友に出会う・・・

みなさんは野良猫を保護したことはありますか? 中には元飼い猫だったけれど虐待を受け、命辛々逃げ出して …

一家に一羽欲しくなる超お利口なニワトリ!「息子起こしてきて!」の一言で自慢の雄叫びを使い、叩き起こす(笑)

家族の一員はニワトリ! 皆さんは、お家でペットは飼ってらっしゃいますか? 犬、猫、ハムスター、ウサギ …

赤ん坊に接するピットブルの姿に当初大パニックだった男性は、“闘犬”への意識の変革を願うように・・・

ピットブルを“闘犬”にしたて上げたのは、人間のエゴ 『ピットブル』という大型の犬種をご存知でしょうか …

元盲導犬が初めて穴を掘った時、飼い主は「どんどん犬に戻ってね」と言った→その言葉に多くの称賛の声!

盲導犬の平均寿命は約13歳とされており、10歳になると引退します。 人間の寿命で例えるのなら60歳ほ …

ご主人に怒られて空気を読むワンコ→ハウスに自ら入って反省!許してもらえると…?

ご主人様が怒っていると気付き、空気を読んで自らハウスに入る2匹の賢いラブラドールがいます。 1匹目は …

PREV : お婆さんの家に4人の少年が忍び込んだ→彼女が彼らを捕まえた時、感動の涙を流さずにはいられなかった…!
40年前、1975年当時の日本の食事を4週間食べ続けた結果、驚くべきことが発覚した…! : NEXT