Lenon


Lenonをフォローしよう!


この子猫は母猫に捨てられ、死ぬ寸前にまで追いやられていた→奇跡へと導いたのはなんと別の母猫だった…!


近頃、温暖化の影響なのか世界中でスーパー台風レベルの嵐が頻繁に発生しています。

住宅の崩壊、河川の氾濫、道の崩落など、私たちの見慣れている景色を一変させてしまいます。

しかし、このような悲劇はニュースで報道されているものばかりではありません。

嵐の後に、小さな命がどれだけ奪われているのか、私たちは知らずに過ごしているかもしれません。

ある暴風の後に、小さな子猫が瀕死の状態で発見されました。

それは、見るも無惨な光景です。

この子はこの後、どうなってしまうのでしょう。

瀕死の子猫

taifuu1

この男性は暴風雨が過ぎ去った後、外へ散歩に出かけたそうです。

男性は道で何かを発見しました。

そこにいたのは、すでに息が絶えていると思われる子猫でした。

taifuu2

目やおへそには、ナメクジのような生き物が張り付いています。

ナメクジは植物だけではなく、腐敗した肉や魚も餌にするので、この子猫は死んだものとされたのでしょう。

でも男性は、この無惨な子猫を拾い上げ、虫をとってあげたのです。

すると、かすかに息をしていました。

この虫にも死んだと思われた子猫はどうなるのでしょうか。

奇跡の結末は、次のページよりご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ミサへ飛び入り参加した犬が巻き起こした奇跡!これぞ神のイタズラなのか…?

ミサに飛び入り参加した犬 今回ご紹介するのは、1匹のワンちゃんがもたらした奇跡についてです。 南米の …

海底で暮らす友達を30年間毎日訪ねている男性!「彼女」が忘れられない男性からの恩とは?

東シナ海・南シナ海に生息している「コブダイ」。 日本では南部太平洋で見られる魚です。 コブダイは雌性 …

本来ペットは飛行機の客室に入れない…そのルールを曲げた航空会社の山火事への対応に賞賛の嵐!

飛行機の客室でくつろぐお犬、お猫のお客様たち 「ところで機内食はいつでるのかな?」 なんて思っていそ …

女性がおじいちゃんに預けた猫が10年経ってもいまだに帰ってこない理由とは?

ある女性が自身のおじいちゃんに猫を預けたところ、10年経ってもいまだに帰ってこないようです…!その理由はこちら・・・

3週間ぶりに会う飼い主に「ひとりでつらかったにゃ」と訴える寂しがりやな猫!お出かけはほどほどにせねば・・・

猫ちゃんは自由気ままな動物ですよね。 しかし飼い主が本を読んでいたり、新聞を読んでいたり、 パソコン …

PREV : お婆さんの家に4人の少年が忍び込んだ→彼女が彼らを捕まえた時、感動の涙を流さずにはいられなかった…!
40年前、1975年当時の日本の食事を4週間食べ続けた結果、驚くべきことが発覚した…! : NEXT