Lenon


Lenonをフォローしよう!


この子猫は母猫に捨てられ、死ぬ寸前にまで追いやられていた→奇跡へと導いたのはなんと別の母猫だった…!


近頃、温暖化の影響なのか世界中でスーパー台風レベルの嵐が頻繁に発生しています。

住宅の崩壊、河川の氾濫、道の崩落など、私たちの見慣れている景色を一変させてしまいます。

しかし、このような悲劇はニュースで報道されているものばかりではありません。

嵐の後に、小さな命がどれだけ奪われているのか、私たちは知らずに過ごしているかもしれません。

ある暴風の後に、小さな子猫が瀕死の状態で発見されました。

それは、見るも無惨な光景です。

この子はこの後、どうなってしまうのでしょう。

瀕死の子猫

taifuu1

この男性は暴風雨が過ぎ去った後、外へ散歩に出かけたそうです。

男性は道で何かを発見しました。

そこにいたのは、すでに息が絶えていると思われる子猫でした。

taifuu2

目やおへそには、ナメクジのような生き物が張り付いています。

ナメクジは植物だけではなく、腐敗した肉や魚も餌にするので、この子猫は死んだものとされたのでしょう。

でも男性は、この無惨な子猫を拾い上げ、虫をとってあげたのです。

すると、かすかに息をしていました。

この虫にも死んだと思われた子猫はどうなるのでしょうか。

気液の結末は、次のページにてご覧ください。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

瀕死の子犬は母親に足を食べられてしまっていた→この子の命を優しい動物が救ってくれた!

大変残念なことですが、犬の社会でも母犬が自分の子供をストレスから傷つけてしまうことがあり、 場合によ …

言葉が通じていると錯覚してしまうくらいに飼い主と見事に会話できているワンちゃん!

犬を飼っている人は、愛犬とお話をした経験が多かれ少なかれあるのではないでしょうか。 「ご飯あげるから …

真夜中、いつものように眠る息子→その時ラブラドールは彼の命の危機を警告!背筋が凍るような事態に・・・

ある真夜中のこと。 4歳のラブラドール犬のジェダイは、いつものように少年ルーク君の側で眠っていました …

ゴミ箱に繋がれた犬と共に添えられた置き手紙!そこには哀しい事情が綴られていた・・・

犬を捨てる理由の殆どが、飼い主の都合によるものです。 「犬が老いて介護が必要になったから」 「子犬の …

捨て犬たちの面倒を見ている心優しいおじいさん→みんなを乗せてワンコ列車、出発進行!

ずらりと犬たちが並んで乗っているワンコ列車。 この列車のような車を運転しているおじいさんは、ユージン …

PREV : お婆さんの家に4人の少年が忍び込んだ→彼女が彼らを捕まえた時、感動の涙を流さずにはいられなかった…!
40年前、1975年当時の日本の食事を4週間食べ続けた結果、驚くべきことが発覚した…! : NEXT