Lenon


Lenonをフォローしよう!


この子猫は母猫に捨てられ、死ぬ寸前にまで追いやられていた→奇跡へと導いたのはなんと別の母猫だった…!


近頃、温暖化の影響なのか世界中でスーパー台風レベルの嵐が頻繁に発生しています。

住宅の崩壊、河川の氾濫、道の崩落など、私たちの見慣れている景色を一変させてしまいます。

しかし、このような悲劇はニュースで報道されているものばかりではありません。

嵐の後に、小さな命がどれだけ奪われているのか、私たちは知らずに過ごしているかもしれません。

ある暴風の後に、小さな子猫が瀕死の状態で発見されました。

それは、見るも無惨な光景です。

この子はこの後、どうなってしまうのでしょう。

瀕死の子猫

taifuu1

この男性は暴風雨が過ぎ去った後、外へ散歩に出かけたそうです。

男性は道で何かを発見しました。

そこにいたのは、すでに息が絶えていると思われる子猫でした。

taifuu2

目やおへそには、ナメクジのような生き物が張り付いています。

ナメクジは植物だけではなく、腐敗した肉や魚も餌にするので、この子猫は死んだものとされたのでしょう。

でも男性は、この無惨な子猫を拾い上げ、虫をとってあげたのです。

すると、かすかに息をしていました。

この虫にも死んだと思われた子猫はどうなるのでしょうか。

奇跡の結末は、次のページよりご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ハッピートリオ!寄り添う姿がなんとも愛おしい…2匹のゴールデンレトリーバーと猫の幸せ生活!

「ワトソン」と「キコ」。 2匹はとっても仲良しなゴールデンレトリバーです。 ところが、その間に猫の「 …

普通じゃない状態で生まれたピットブルは安楽死を勧められるが里親は拒否し…!

普通じゃない状態で生まれたピットブルに対し、安楽死が勧められることに!しかし里親がこの勧めを拒否した結果・・・

家族と離れ離れになってしまった子犬と子猫→同じ境遇の2匹が出会った結果・・・

アメリカのバージニア州にある動物保護施設「SVASC」に、母親と離れ離れになった一匹の子猫がやってき …

意外だったストレス解消法!ワンちゃんと眠ると体に良い7つのワケとは・・・?

しつけって難しい! 「主従関係をはっきりさせるため、愛犬と同じ布団で寝てはいけない」と、 よく犬のし …

「私に構わないで!」この野良犬が保護職員を尋常じゃなく警戒していた理由に胸が震える・・・

人間の目線では理解できない、動物たちの事情があります。 犬の体型も人間の都合でさまざまな大きさに改良 …

PREV : 住み慣れた牧場が閉鎖となったことで恐怖のあまり、涙を流した牛!運ばれた先には・・・
鎖に繋がれ、飼育放棄されていたピットブルは4年間ずっと独りぼっちだった・・・ : NEXT