Lenon


Lenonをフォローしよう!


住み慣れた牧場が閉鎖となったことで恐怖のあまり、涙を流した牛!運ばれた先には・・・


牛の行方

ushi1

みなさんが普段から食べている牛肉や牛乳。

これらは尊い命の犠牲のおかげで私たちの食卓へ定期的に提供されています。

そんな牛たちが住んでいた牧場が閉鎖した場合、牛たちの運命はどうなるのでしょう?

もし金銭的に余裕があれば別の牧場へと移送してもらえるのですが、

大体が食肉加工場へと向かうトラックに乗せられてしまいます。

今回ご紹介するのは「エマ」と名付けられた一匹の乳牛です。

実は、乳牛は365日常にお乳が出せるわけではないということをご存知でしたか?

人間と同じく、仔牛を出産した後しかお乳が出せません。

そのため、お乳を出し続けるためにお母さん牛は産後2か月ほどで人工授精させられ、

妊娠しながらお乳を搾られているのです。

そしてエマも同様、今までずっと乳牛として頑張り続けましたが、

牧場閉鎖をきっかけに食肉加工場への移送が決まってしまいました。

誰もがあきらめていたその時、エマの運命を変える知らせが届きました。

感動の結末は次のページをご覧ください。

1
2



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

dhuo

愛猫を救いたい一心で火事によって燃えている自宅に飛び込み、わずか23歳で亡くなった女性に涙…!

みなさんはペットを飼っておられるでしょうか。 もしくは飼われていたことはあるでしょうか。 ペットを飼 …

neglect

育児放棄で捨てられてしまった子犬→救ったのは猫だった!我が子同然のように育てる姿に心打たれる・・・

捨てられてしまった子犬!その行く末は… 母犬に生まれてすぐに育児放棄され、捨てられてしまった子犬。 …

kusyami

ご主人がくしゃみしたら、とばっちりを受けた子猫…ご主人から笑われっぱなし!

廊下に、2匹の子猫と一回り大きい猫が1匹が居ます。 1匹の子猫がしきりにピンポン玉で遊んでいます。 …

tyon

最終的に人間が食べるために飼育されていた韓国の犬夫婦→アメリカの保護団体に引き取られ、離れ離れになるものの奇跡の再会を果たす…!

日本の常識ではありえない食文化が、世界には沢山存在します。 ヨーロッパで言えば、イタリアのうじ虫のチ …

hansei

ご主人に怒られて空気を読むワンコ→ハウスに自ら入って反省!許してもらえると…?

ご主人様が怒っていると気付き、空気を読んで自らハウスに入る2匹の賢いラブラドールがいます。 1匹目は …

toraburu
PREV : 体育祭で発生した音響トラブルを大爆笑へと変えた放送部の素晴らしすぎるアドリブをご覧ください…!
geiri
お婆さんの家に4人の少年が忍び込んだ→彼女が彼らを捕まえた時、感動の涙を流さずにはいられなかった…! : NEXT