Lenon


Lenonをフォローしよう!


住み慣れた牧場が閉鎖となったことで恐怖のあまり、涙を流した牛!運ばれた先には・・・


牛の行方

ushi1

みなさんが普段から食べている牛肉や牛乳。

これらは尊い命の犠牲のおかげで私たちの食卓へ定期的に提供されています。

そんな牛たちが住んでいた牧場が閉鎖した場合、牛たちの運命はどうなるのでしょう?

もし金銭的に余裕があれば別の牧場へと移送してもらえるのですが、

大体が食肉加工場へと向かうトラックに乗せられてしまいます。

今回ご紹介するのは「エマ」と名付けられた一匹の乳牛です。

実は、乳牛は365日常にお乳が出せるわけではないということをご存知でしたか?

人間と同じく、仔牛を出産した後しかお乳が出せません。

そのため、お乳を出し続けるためにお母さん牛は産後2か月ほどで人工授精させられ、

妊娠しながらお乳を搾られているのです。

そしてエマも同様、今までずっと乳牛として頑張り続けましたが、

牧場閉鎖をきっかけに食肉加工場への移送が決まってしまいました。

誰もがあきらめていたその時、エマの運命を変える知らせが届きました。

感動の結末は次のページをご覧ください。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

猫ちゃん愛用のぬいぐるみを手術!猫が固唾を飲んで見守る中、無事にぬいぐるみが治ると・・・

猫ちゃんやワンちゃんなどのペットには、自分のお気に入りのおもちゃがあります。 そのおもちゃが古くなっ …

「必ずこの犬を連れて帰る…!」戦場で育まれた兵士と犬の固い友情が起こした奇跡とは?

アメリカ軍の海兵隊員だったクレイグさんは、ある1匹の犬と出会いました。 それは2010年のこと、クレ …

象とダチョウ→同じ施設で出会って互いに寄り添い合うかけがえのない親友同士に…!

ケニアで井戸に転落し、 群れとはぐれた生後1か月の象が野生動物の保護施設『DSWT』によって保護され …

これから撮影というシャッターチャンスになぜか割り込んでくる犬たち10選!でもどこか憎めない…(笑)

ペットは家族の一員です。 特に犬は群れで生活する動物のため、一緒に暮らす家族への思い入れが強いかもし …

18歳まで長生きした犬は最後に一つの願いを叶え、幸せに溢れながらこの世を去った・・・

最近では医療の発達と共に、ペット食が改善された結果ペットの高齢化が進んでいるので、 保護された高齢の …

PREV : 体育祭で発生した音響トラブルを大爆笑へと変えた放送部の素晴らしすぎるアドリブをご覧ください…!
お婆さんの家に4人の少年が忍び込んだ→彼女が彼らを捕まえた時、感動の涙を流さずにはいられなかった…! : NEXT