Lenon


Lenonをフォローしよう!


道端で死にそうだった白猫が、保護されて元気になるとビックリするほど美しくなりました!


白猫は幸運を呼ぶと言われています。

神秘的な目である「オッドアイ」は白猫の25%に見られるとか。

真っ白くてオッドアイを持つ猫には、そうそう会えるものではありません。

しかし、路上でかなり弱っていた子猫を保護した方が大切に子猫を育てると、それは美しい白猫になったそうです。

それでは、まるでお伽噺のような実話をご紹介します。

消えようとしている小さな命

dodo1

母猫とはぐれてしまった子猫は、路上を彷徨っていました。

食べるものも無く、行き場もない、暖かな寝床を探す知恵も体力も無かったでしょう。

しかし子猫が行き倒れたとき、救いの手が差し伸べられました。

この時、この子猫はかなり汚れていました。

それでも、この方はただ小さな命を救いたい一心で抱き上げたと思います。

新しい仲間

保護当時は体中傷だらけで、かなり弱っていたそうです。

保護してくれた新しい飼い主さんは、必死で看病しました。

そして、この方には心強い助っ人がいたのです。

dodo2

白い小型犬のワンちゃん「トト」です。

トトは子猫を優しくなめてくれました。

もう独りぼっちではありません。

こんな優しい家族ができました。

それでは、元気に美しく育った子猫を次のページにてご覧ください。

1
2



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

puma

20年間サーカス団に不自由な状態で飼われていたピューマを鎖の束縛から解放します…!

ムファサ 20年間太い鎖につながれてトラックの荷台で生きてきた一匹のピューマ。 サーカス団に飼われて …

abi

施設の職員に毎日ハグをして必死に愛情を示すカンガルーにほっこり・・・

今回は、毎日ハグをして感謝の気持ちを表すカンガルーの素敵なお話をご紹介します。 「アビゲイル」と名付 …

princess

慎重に近づいた時、動かない動物の弱い息遣いに気づいた男性→そして男性がとった行動とは…!?

マサチューセッツ州のファルマスという小さな町がありました。 その街を散歩していた男性が見つけたのは、 …

gure

ギャングからの虐待によって半分失われた鳥のくちばしが3Dプリンタの技術で復活!

「オオハシ」という鳥をご存知でしょうか? 南米などに生息している大きく美しいくちばしが特徴の鳥です。 …

pita

道端で死にそうな状態だった子猫が男性に救われ、3ヶ月で奇跡の回復を遂げる…!

普段私たちが意識していないだけで、世の中には多くの恵まれない動物たちがいます。 親と離れ離れになって …

onigiri
PREV : おにぎりが飢餓を救う→11月30日まで、おにぎりの写真をSNSに投稿すれば貧しい子供5人分の給食が寄付されます!
omu
オムライスの進化が凄まじすぎてとても食べられそうもない!洋食の定番の衝撃クオリティをご覧ください・・・ : NEXT