Lenon


Lenonをフォローしよう!


道端で死にそうだった白猫が、保護されて元気になるとビックリするほど美しくなりました!


白猫は幸運を呼ぶと言われています。

神秘的な目である「オッドアイ」は白猫の25%に見られるとか。

真っ白くてオッドアイを持つ猫には、そうそう会えるものではありません。

しかし、路上でかなり弱っていた子猫を保護した方が大切に子猫を育てると、それは美しい白猫になったそうです。

それでは、まるでお伽噺のような実話をご紹介します。

消えようとしている小さな命

dodo1

母猫とはぐれてしまった子猫は、路上を彷徨っていました。

食べるものも無く、行き場もない、暖かな寝床を探す知恵も体力も無かったでしょう。

しかし子猫が行き倒れたとき、救いの手が差し伸べられました。

この時、この子猫はかなり汚れていました。

それでも、この方はただ小さな命を救いたい一心で抱き上げたと思います。

新しい仲間

保護当時は体中傷だらけで、かなり弱っていたそうです。

保護してくれた新しい飼い主さんは、必死で看病しました。

そして、この方には心強い助っ人がいたのです。

dodo2

白い小型犬のワンちゃん「トト」です。

トトは子猫を優しくなめてくれました。

もう独りぼっちではありません。

こんな優しい家族ができました。

それでは、元気に美しく育った子猫を次のページにてご覧ください。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「ハスキー!ハスキー!猫?ハスキー!」種族が違えども仲良し家族です…!

どうですか? この猫の顔。 3匹のハスキー犬の間に入って威張って写真に収まっています。 まるで自分も …

大胆に脱出を試みるも、今日も失敗だったワンちゃんたち8選!

人間は自由に外を歩き回れるのに、ワンちゃんは散歩の時しか外へ出られません。 しかも、いつもリードで繋 …

ある女性が妹に引き取られたピットブルのビフォーアフター写真を見て思わず涙!

当然のことですが、犬や猫にも感情はあります。 飼い主に捨てられ、愛されていないときの表情とたくさんの …

鎖に繋がれ、飼育放棄されていたピットブルは4年間ずっと独りぼっちだった・・・

ペットの最期までその命を預かる覚悟がなくて、ペットを飼う人が多いのには驚きます。 なぜ、こんな無責任 …

ずっと待っていた新しい人間の命を見守る動物たちの家族愛にほっこり・・・

アメリカでのお話です。 出産を終えたボグス夫妻は新しい命を抱いて病院から帰宅しました。 その家には4 …

PREV : おにぎりが飢餓を救う→11月30日まで、おにぎりの写真をSNSに投稿すれば貧しい子供5人分の給食が寄付されます!
オムライスの進化が凄まじすぎてとても食べられそうもない!洋食の定番の衝撃クオリティをご覧ください・・・ : NEXT